話題のブログNews

話題のNewsや芸能ネタをまとめてお届け!

    カテゴリ:芸能ニュース > 中川翔子


    中川 翔子(なかがわ しょうこ、1985年5月5日 - )は、日本の女性バラエティアイドル、マルチタレント。ワタナベエンターテインメント所属。 『しょこたん』の愛称で知られ、2004年11月に開始したブログ「しょこたん☆ぶろぐ」で人気を博し、2006年に歌手デビュー。東京都中野区出身。本名、中川 しようこ。
    129キロバイト (14,210 語) - 2019年5月3日 (金) 16:05


    (出典 news.biglobe.ne.jp)


    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/05/11(土) 08:37:29.19 ID:DRm+pT+K9.net

    タレントの中川翔子が5月7日に自身のツイッターアカウントを更新し、映画館で他の客からジュースをかけられる被害に遭ったことを打ち明けている。

    「今日はめっちゃくちゃに、びっくりなほど、理不尽なショックなことが!」と切り出した中川は、
    「映画館って、席がうっすら揺れるときあります?わたしの席、揺れるときあったんだけど、地震かな?または近くの劇場で4d的な?って思ったんですけど」と綴り、
    劇場内で座席の揺れを感じたことを説明すると、「上映中に前の席の人が振り向いて、足やめろ!揺れてんだよ!て、
    いきなり私にジュースをかけた。え?て、あまりのことに唖然。まだ上映中だし足を前にぶつけたり一切してない」とツイート。
    中川から足をぶつけられていると勘違いした前席の客から、不条理な仕打ちを受けていたことを告白した。

    この一連の中川のツイートがネットニュースでも伝えられると、理不尽な前席の客に対する非難や中川への同情票が集まったが、
    一方で中川自身も“全く意味不明すぎる出来事”と表現するほどあまりにも不可解な展開だったからか、一部では「いきなりジュースかけるかね…」との疑問の声や、
    世間の注目やリアクションを求めるためにエピソードを創作した投稿を意味する「嘘松」などとその真偽を疑う声すらも出ていた。

    しかし、この現場に居合わせていたという目撃者が数名ほどツイッター上で中川宛てにリプライしたことで、中川の体験した“意味不明すぎる出来事”が裏付けされる事態となったのだ。

    「大きく波紋を呼ぶこととなった中川のツイートを覗くと、その返信欄には『隣にいましたまさか飲み物かけられてたのがしょこたんだったとは。
    流石にあれは理不尽と言うかマナーが悪かったですね。揺れてたのは僕も気になってました』『私は反対の隣にいました。
    (加害者は)上映後すぐに出て行かれたので声はかけれる状況ではなかったですね』などの証言が並び、
    中川の体験が真実であることを窺わせています。ただし、これらの証言ツイートの主の中にはこれまで他の投稿を一切していなかったり、
    フォロワーがゼロだったりと、いわゆる“捨てアカウント”の可能性もあるので100%信じるに足るものかどうかは不明瞭ですが、
    全てのツイートが嘘の証言ということは無さそうですし、そもそもこのような話をでっち上げることによる中川のメリットは何もありませんからね」(テレビ誌ライター)

    中には「相手の顔も覚えてますし訴える等協力できることがあればいつでもお声かけください」といった返信もあり、中川にジュースをかけた加害者は戦々恐々の状態だろうか。

    それにしても、今回の騒動の発端となった“座席の揺れ”に関する真相を究明しない限り、今後もこのようなトラブルは起き続ける可能性が高く、映画館側にも事態の掌握を期待したいところだが果たして…?

    http://news.livedoor.com/article/detail/16439485/
    2019年5月10日 18時15分 アサジョ


    (出典 img.sirabee.com)



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    (出典 img.sirabee.com)



    (出典 pbs.twimg.com)


    【【芸能】中川翔子の“ジュース事件”は実話だった!?目撃者証言ツイートの信憑性】の続きを読む


    中川 翔子(なかがわ しょうこ、1985年5月5日 - )は、日本の女性バラエティアイドル、マルチタレント。ワタナベエンターテインメント所属。 『しょこたん』の愛称で知られ、2004年11月に開始したブログ「しょこたん☆ぶろぐ」で人気を博し、2006年に歌手デビュー。東京都中野区出身。本名、中川 しようこ。
    129キロバイト (14,210 語) - 2019年5月3日 (金) 16:05


    (出典 tr.twipple.jp)

    映画館で理不尽なことが

    1 Egg ★ :2019/05/08(水) 23:46:24.09 ID:iCFPyQQU9.net

    タレントの中川翔子さんが5月7日、ツイッターで、映画館で体験した理不尽な出来事を明かし話題になっている。映画館で映画鑑賞中に、前の席の人から突然「足やめろ!揺れてんだよ!」と、顔にジュースをかけられたという。

    中川さんは席を蹴っていないが、自席揺れを感じていた。何らかの振動で映画館の座席が揺れていたと考えられるが、前の座席の人は後ろの席から蹴られていると勘違いしたようだ。

    中川さんはツイッターで

    「上映中だし黙ってそのまま映画みてましたがショックで内容が頭に入らなかった」
    「内容が頭に入ってこなかったから、違う映画館でもう一回みたいと思います。ジュースで足と服がベタベタしてる、泣けてきたわ」

    と、ショックを受けた様子を綴っている。

    同様の被害に遭ったら「その場で『外に出て』と対応すべき」
    理不尽極まりない目に遭ってしまったが中川さんだが、アトム市川船橋法律事務所の高橋裕樹弁護士は、今回のケースは暴行罪に問えるという見方を示す。暴行罪は、殴る蹴るといったいわゆる暴行以外にも、狭い室内で刀を振り回す、水をかけるなどの行為も含まれる。成立すれば、2年以下の懲役、または30万円以下の罰金が科される。

    「かけられた液体が熱くてやけどをしたなど、なんらかの診断が出るなら傷害罪も問える」が、ツイートからは怪我をした様子が読み取れないため、傷害罪にはならなさそうだ。

    他にも、民事上の責任として「服のクリーニング代もしくは弁償代、映画のチケット代、慰謝料などを請求できる可能性がある」というが、今回はもし捜査をしても、逮捕は難しいだろうというのが高橋弁護士の見立てだ。

    中川さんは被害に遭ってからも映画を見続けている。上映後、ジュースをかけた相手はすぐに外に出て行ってしまったため、連絡先も分からない。

    「被害届は受理されるでしょうが、相手は見ず知らずの人。ジュースをかけられた服は着替えてしまっているでしょうし、その場合は暴行の証拠もない。同じような被害に遭ったら、その場で『外に出てください』と対応するのが良いと思います。写真を撮るのも、映画を撮っていると誤解される可能性があるので」

    突然の出来事を個人で防ぐには限界がある。もし、同様の被害に遭った場合は迅速に対応するのが良さそうだ。なお、今回のケースでは映画館に過失が認められない。そのため、「映画館に言っても、チケット代の返金には応じてもらえないだろう」とも指摘していた。

    中川さんは今回の出来事を踏まえ、映画館に対し、

    「こんなおかしな事が、ないように。席が揺れることがあるとしたら、注意書きしておいてほしいです」

    と対応を呼びかけていた。

    2019年5月8日 12時51分キャリコネニュース
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/16426913/


    (出典 news.biglobe.ne.jp)



    (出典 static.blogos.com)


    【【芸能】<中川翔子>「映画館で突然ジュースをかけられた」、相手は暴行罪になる? 「クリーニング代、チケット代、慰謝料も請求可能」】の続きを読む



    (出典 cdnx.natalie.mu)


    実力で現在の地位を確立した2世芸能人

    1 muffin ★ :2019/05/06(月) 14:51:46.90 ID:SQ2eQd3w9.net

    http://news.livedoor.com/article/detail/16417049/
    2019年5月6日

    両親のどちらか、あるいは両親ともが著名人や芸能人でありながら、自身も芸能人になった“二世タレント”。「親の七光り」などと揶揄されるのを懸念し、バックボーンを隠して実力で大成している人も多い。ORICON NEWSでは、自分の力で現在の地位を確立した“2世芸能人”を調査。日本の歌謡界を語るうえで欠かせない歌手・藤圭子を母に持った、同じく日本を代表する歌姫【宇多田ヒカル】が幅広い年代に支持され1位となった。

    ■圧倒的な歌唱力とカリスマ性、“昭和の歌姫”と“平成のディーバ”の母娘
    歌手の故・藤圭子さんを母に持つ【宇多田ヒカル】が1位に。30~50代から多くの支持が集まり、総合でも1位に輝いた。

    中略

    TOP10を振り返ると、日本国内にとどまらない活躍をしている芸能人が並ぶ。大きな仕事を任せられれば、実力であっても「親の七光り」と言われる場合もあり、大成しなかった時の恐怖も少なからずあるはずだ。その重圧に耐え、実力で「2世」というレッテルを自身ではがす努力をしているのは想像に難くない。世襲制の歌舞伎、あるいは現在は大御所である歌手・加山雄三(父は上原謙)、タレント・堺正章(父は堺駿二)らも、2世であることと向き合って、個性を確立してきた。

     その一方、知名度や話題性というアドバンテージを武器にせず、2世であることを伏せて活動する芸能人も多い。2世に甘んじない実力で勝ち上がっていく精神力が、芸能界で長く生き続ける秘訣なのかもしれない。と同時に、親から受け継がれた天性のカリスマ性があるのもゼロではないはずだ。

    1位 宇多田ヒカル
    2位 安藤サクラ
    3位 杉咲花
    4位 杏
    5位 佐藤浩市
    6位 香川照之
    7位 ハマ・オカモト
    8位 松たか子
    9位 中川翔子
    10位 新田真剣佑

    【調査概要】
    調査時期:2019年4月4日(木)~4月10日(水)
    調査対象:計1000名(自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員10代、20代、30代、40代、50代の男女)
    調査地域:全国
    調査方法:インターネット調査
    調査機関:オリコン・モニターリサーチ

    (出典 contents.oricon.co.jp)


    ★1が立った日時:2019/05/06(月) 12:19:36.41
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1557112776/


    【【調査】七光りを感じさせない“2世芸能人”ランキング 1位は圧倒的な歌唱力とカリスマ性で日本を代表する歌姫】の続きを読む


    中川 翔子(なかがわ しょうこ、1985年5月5日 - )は、日本の女性バラエティアイドル、マルチタレント。ワタナベエンターテインメント所属。 『しょこたん』の愛称で知られ、2004年11月に開始したブログ「しょこたん☆ぶろぐ」で人気を博し、2006年に歌手デビュー。東京都中野区出身。本名、中川 しようこ。
    129キロバイト (14,210 語) - 2019年4月17日 (水) 12:12


    (出典 up.gc-img.net)


    1 Egg ★ :2019/04/30(火) 17:05:15.14 ID:CXzcP9mp9.net

    タレント・中川翔子が30日夕方、NHKで放送された報道特番「天皇陛下きょう退位」(午後4・00)に出演した。

     番組は退位礼正殿の儀を中継し、エースの武田真一アナウンサーが司会。宮内庁元侍従次長や、天皇陛下の学習院時代の同級生ら、そうそうたる人物が出演する中、中川が出演。テロップで「タレント、趣味はイラスト読書、東京五輪・パラのマスコット審査会メンバー」と紹介された。

     平成最後の日、NHKは朝から硬軟さまざまな番組を放送したが、この特番は最も厳かな雰囲気。

     中川は4月1日の新元号発表日のNHK特番にも出演したことにふれ「末代まで語り継げる日になりそうです」と笑顔で語った。

     ネット上では「なぜ退位特番に中川翔子!!」「なんでしょこたん居るんや。ウケる。」「NHKの厳かな番組にまた出ているしょこたん」「HNKのキャストやべぇ」と驚き、おもしろがる投稿が集まっている。

    4/30(火) 16:42配信 ディリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190430-00000093-dal-ent


    (出典 up.gc-img.net)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 up.gc-img.net)


    【【テレビ】<中川翔子>NHK「退位特番」に出演 ネット沸く「何故しょこたん!」】の続きを読む


    中川 翔子(なかがわ しょうこ、1985年5月5日 - )は、日本の女性バラエティアイドル、マルチタレント。ワタナベエンターテインメント所属。 『しょこたん』の愛称で知られ、2004年11月に開始したブログ「しょこたん☆ぶろぐ」で人気を博し、2006年に歌手デビュー。東京都中野区出身。本名、中川 しようこ。
    130キロバイト (14,317 語) - 2019年4月9日 (火) 14:57


    (出典 news.matomemato.me)


    1 鉄チーズ烏 ★ :2019/04/09(火) 19:26:32.51 ID:0Yuc7o/v9.net

     タレントで歌手の中川翔子(33)が9日、自身のツイッターで、念願の運転免許を取得したことを報告した。

     中川は「あの、」「めっちゃくちゃうれしいことがあったから」「久々にあれを叫んでいいかな?」「ギザウレシス!!!!!!!!!!」とツイートした後に、「運転免許、ゲットだぜ!!!!! やったああああああああああああ 仮免から学科、技能、ぜんぶ一発合格できました!!良かったあああああああああやったあああああああ うれしいいいいいい」と大興奮の様子で免許取得を報告。

     「中川しようこ 2021年(平成33年)06月05日まで有効」と本名が記された免許証の画像もアップし、「中 川 し よ う こ 平成33年まで有効! 令和になる前に平成最後に免許取れてよかったあああ GETWILD!!!!」と続けた。

     フォロワーからは多くの祝福が寄せられるとともに、「証明写真でこの可愛さ」「かわいいいい!免許証ってこんな可愛く撮れんの!?」「さすが芸能人」「免許証の写真映りがこのレベルってずるいと思う」と免許証の写真のかわいさに驚きの声が上がっている。

    2019年04月09日 18:25
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/04/09/kiji/20190409s00041000251000c.html

    (出典 www.sponichi.co.jp)


    (出典 pbs.twimg.com)


    【【芸能】中川翔子 念願の運転免許取得に「ギザウレシス!」 かわいすぎる免許証の写真も話題に】の続きを読む

    このページのトップヘ