話題のブログNews

話題のニュースや気になる芸スポを中心に毎日お届け!

    カテゴリ: トラブル・問題



    (出典 amd.c.yimg.jp)
    1 スタス ★ :2019/10/14(月) 18:47:47.28

    ■復旧作業に必要なマスク(コスギコモンズクリニック提供)
    復旧作業に必要なマスク

    なお、乾いた泥が大気中を舞う現場での復旧作業には、マスクの着用が大切です。
    下水があふれかえった後の泥ですから、その中にも細菌等が含まれているおそれがあるからです。

    口腔内に細菌を含む土が入ることにより、「災害後肺炎」を引き起こすことが、災害関連死亡の原因として一番多いということです。

    そんな中、パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン タワーズウエスト1階の「コスギコモンズクリニック」では、マスク5,000枚の無償配布を行っています。

    ■コスギコモンズクリニック
    コスギコモンズクリニック

    10月14日(月)9:00~12:00は開院(外傷のみ対応)しているということですので、復旧作業等を予定されている方はコスギコモンズクリニックで配布を受けるなりドラッグストア等で購入するなどして、マスクをご活用ください。

    http://musashikosugi.blog.shinobi.jp

    関連スレ

    【ムサコ】武蔵小杉カレーフェスティバル2019絶賛開催中!スタンプラリーも。武蔵小杉駅前ではカレーEXPOも開催予定★3
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1571024718/

    【ムサコ】バキュームカーも出動!水が引いた武蔵小杉一帯を「茶色いなにか」が埋め尽くす。地下通路は茶色い水で水没中(画像)★8
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1571032439/


    ムサコのタワマン「お願い!トイレの水は流さないで!●●●が溢れる!ゴミ置き場の簡易トイレを利用して。復旧に1ヶ月かかります」★6
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1571032543/

    前スレ

    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1571036823/


    (出典 otsuka.pw)



    (出典 www.musashikosugi.sakura.ne.jp)



    (出典 image.news.livedoor.com)



    (出典 www.musashikosugi.sakura.ne.jp)



    (出典 image.news.livedoor.com)



    (出典 www.musashikosugi.sakura.ne.jp)



    (出典 i1.wp.com)


    【【ムサコ】武蔵小杉「マスク着用を!下水が乾いた泥が大気中を舞っており、口から細菌が入ることによって災害後肺炎で死亡の恐れ」】の続きを読む



    (出典 arikastudio.work)
    1 ばーど ★ :2019/10/07(月) 10:30:51.33 ID:SE9CN8939.net

     海外の風習であっても、保育園児のピアスは駄目なの? 神戸新聞の双方向型報道「スクープラボ」に、西アフリカ出身の男性と国際結婚し、1歳の双子の女児を育てる兵庫県西宮市の女性(32)からそんな投稿が寄せられた。夫の母国では、女の子が生まれるとすぐにピアスをつけるという文化的な習慣がある。だが、入園を希望した認可保育園は安全確保を理由に「外さなければ通えない」と受け入れに条件を付けた。双方の主張、立場を取材した。(鈴木久仁子)

     双子の娘は、父親と同じイスラム教徒(ムスリム)。女性は仕事に就くために今年4月から2人を保育園に預けることにしたが、入園式目前に園側から呼び出しを受けた。要件は「確認書」への押印。提示されたプリントには計6項目のチェック事項が並び、その一つにこうあった。

     「ピアスそのほか装飾品は園外ではずし登園します。(中略)園内ではつけず、子どもが手に持ったり、他児が目につくようにはしません」

     他にも、男女混在で着替えやシャワーをすること、豚由来の食べ物や製品に触れる場合もあること-などが記されていた。いずれもムスリムの習慣には反するが、最後には「保育については園の方針に従います」とあり、西宮市長あてに両親の押印を求めていた。

     女性によると、夫の母国では、女の子は生後間もないうちにピアスをつける。「生きる証し」や「魔よけ」などの意味があるとされ、親の愛情を表現する大事な慣例という。

     女性は園側に「全てこちらの習慣に合わせてほしいと望んでいるわけではない。ただ、ピアスには特別な意味があり、安全性にも問題はない」と訴えたが、受け入れられなかった。

     結局、入園は辞退し、今は別の園に通う。そこでは給食の豚肉を取り除くなど一定の配慮はあるが、ピアスに関してはやはり不可。夫は「(ピアスの)穴が開いたままだと、子どもに良くないことが起きるのでは」と悲嘆しているという。

     これに対し、西宮市保育事業課は「あくまで子どもの安全が第一。集団保育の中で、小さく、とがったピアスを他の園児が飲み込んでしまっては困る」と説明。海外との文化の違いについては「今後もできる範囲で対応したい」とする。

         ◇

     他の自治体ではどうか。取材を広げてみると、ピアスに関しては加古川市で20年ほど前につけたまま通った例はあったが、それ以外に同様の事例は確認できなかった。

     今後、こうしたケースがあった場合の対応については、各担当者とも“安全”と“異文化理解”の間で揺れる。「施設の総合的判断が優先される。両者に配慮する方法を個々に考えることになる」(明石市)との意見もあれば、「安全性に問題がなければ、人権の問題に踏み込むことになる。柔軟な対応が求められるのでは」(姫路市)との見方もあった。

    【多言語センターFACIL(神戸市長田区)理事長の吉富志津代・名古屋外国語大教授の話】日本ではルールは絶対という思い込みがある。「ここは日本だから、集団だから守れ」と。協調していく上では大切だが、それが一人一人の多様な考えを公平に聞いてできた、心のこもったルールかどうかが肝心。多数者だけに有利で、それを理由に誰かを排除していないか。常に考え直すプロセスを持つことが、互いに理解し合える成熟した共生社会につながる。

        ◇   ◇

     この記事は神戸新聞の双方向型報道「スクープラボ」に寄せられた情報を基に取材しました。

    10/7(月) 9:46
    神戸新聞NEXT
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191007-00000001-kobenext-soci

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    【【ルール】園児のピアス、母国の風習でも駄目?ムスリムの双子の女児、理解得られず入園辞退 兵庫・西宮】の続きを読む



    (出典 temita.jp)


    1 ばーど ★ :2019/10/07(月) 08:10:33.99 ID:SE9CN8939.net

    日本の出生数が急減している。1~7月は前年同期に比べて5.9%減り、30年ぶりの減少ペースとなった。団塊ジュニア世代が40代後半になり、出産期の女性が減ったことが大きい。2016年に100万人を下回ってからわずか3年で、19年は90万人を割る可能性が高い。

    政府の想定を超える少子化は社会保障制度や経済成長に影を落とす。出産や子育てをしやすい環境の整備が急務だ。

    厚生労働省の人口動態統計(速報)によ…

    2019/10/7 2:00日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO50672490W9A001C1MM8000/


    (出典 pbs.twimg.com)


    【【人口動態統計・速報】日本の出生数が急減 90万人割れへ…100万人を下回ってからわずか3年、推計より2年早く 2019年】の続きを読む



    (出典 livedoor.sp.blogimg.jp)
    1 記憶たどり。 ★ :2019/10/05(土) 09:18:01.39 ID:TpWx0psF9.net

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191004/k10012113331000.html


    (出典 www3.nhk.or.jp)

    「足を震わせながら登ったドキドキ感」
    「一気に滑り降りる爽快感」
    「暗くなるまで逆上がりの練習をした鉄棒」
    子どものころ、公園のジャングルジムや滑り台などの遊具で遊んだという人も多いと思います。
    実はその遊具が使用禁止になるケースが各地で出ています。なぜなのか。遊具の安全性ってどうなっているのか。
    取材を始めました。(「公園の遊具」取材班)


    40%の遊具が使用禁止

    ことし3月から5月にかけて岡山市は市が管理する465か所の都市公園でおよそ700の遊具を一斉に使用禁止にしました。
    都市公園にある遊具全体のおよそ40%にあたります。


    (出典 www3.nhk.or.jp)

    ジャングルジムや滑り台、ブランコ、シーソーなどの遊具には立ち入り禁止の黄色いテープが巻かれ子どもたちが
    遊ぶことができなくなりました。公園にあるすべての遊具が使用禁止になった公園も20か所ほどあったといいます。

    使用禁止となった遊具は、定期点検の際に業界団体が定めた基準で子どもの頭や体が挟まるなど命に関わったり、
    重い障害が残ったりする事故が起きるおそれがあり「使用不可」と判定されたものでした。

    たとえば滑り台では階段の段の隙間が12.7センチから23センチまでの場合は子どもにとっては危険があり、
    体が隙間に入ると首が絞められてしまうおそれがあるとされました。

    岡山市は遊具の使用禁止について公園の利用者の安全を最優先に考えたとしていて「このまま使い続ければ
    重大な事故が起きてしまう可能性もある」としています。


    「息子ががっかり」市民からは驚きと落胆

    その一方で岡山市では市民への使用禁止について周知が遅れたことから戸惑いが広がりました。

    公園を利用する保護者:「近所の公園で滑り台が使えなくなって、息子もがっかりしている」
    「遊具が使えないことを知らず、『立ち入り禁止』と書かれていて驚いた。早く知らせてほしかった」


    (出典 www3.nhk.or.jp)

    岡山市によると使用禁止にしたあと、ことし5月ごろまでは利用者からの問い合わせが相次いだということです。
    中には「立ち入り禁止の黄色いテープが遊具に巻かれているがいたずらではないのか」などといった声もあったそうです。


    撤去・修繕に2億円~3億円


    (出典 www3.nhk.or.jp)

    このため岡山市ではホームページで使用禁止にした遊具とその修繕状況などを公開することにしたほか、
    市内の1500ほどの町内会に周知が遅れたことについて謝罪の文書を送りました。

    岡山市ではおよそ2億円から3億円かけて今年度中に使用禁止にした遊具の撤去や修繕を終えるそうで、
    さらに今後、小学校や幼稚園に遊具の適切な使い方を呼びかけるチラシも配布することにしているということです。

    さいたま市も市内の公園にある遊具のうち、およそ20%にあたる770余りの遊具で重大な事故が起きるおそれがあるとして
    ことし6月、使用を中止する方針を明らかにしました。


    「遊具狩り」「子どものためになるの?」


    (出典 www3.nhk.or.jp)

    公園の遊具の使用禁止が相次いでいることについてネット上では疑問や子どもへの影響を心配する声がつぶやかれています。

    「最近近所の公園遊具が軒並み使用禁止になってる。さしずめ遊具狩りといった按配。この動きは全国的なものなんだろうか?」

    「最近なんか公園の遊具がやたら使用禁止になってんだよな。安全基準が満たされてないからとか。それに文句はないけど、
    なるべく早く安全基準を満たす措置をしてくれないかな。遊具が目の前にあるのに遊べない状況がつらい」

    「『危険なものには触らせない』というのは管理する側の効率化で考えられていて、『危険なものへの対処を可能にする』ことが、
    成長する当人には求められる」

    「子供を守るためにすべきことは危険を遠ざけることではなく、危険を教えることだと思う」


    【【あそび】公園の遊具で遊べない。なぜなの?「遊具狩りだ」「子どものためになるのか」とネット上では疑問の声】の続きを読む



    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    1 シャチ ★ :2019/10/03(木) 15:48:47.17 ID:Y3ChKwgh9.net

    長崎市西部の青山町の住宅団地内にある私道の通行権を巡る問題で、道を所有している福岡県の不動産管理業者は2日、道の一部を封鎖した。困惑する住民側は、弁護団と相談しながら封鎖解除に向け法的措置の検討を本格化させる見通しだ。
     私道は青城自治会内を通り、延べ面積は約3700平方メートル。隣の青山町自治会や若草町の一部の住民にとっても生活に不可欠で、ほかの抜け道は軽自動車がようやく通れる道幅しかない。封鎖により100世帯以上に影響する見込みだ。
     住宅団地は1960年代後半を中心に開発されたが、通行権は今年春以降、問題となった。それまで道を所有していた業者の会社整理に伴い、今の業者が所有者となり、1世帯当たり月額数千~1万円程度の通行料を支払うよう住民に求めた。
     しかし住民側は応じず、業者は今月1日から一般車両の通行を禁止し「不法に侵入すれば法的対応を取る」などと通告していた。タクシーやごみ収集車なども通らないよう求めている。
     2日午後、業者は「進入禁止」と記したブロックやポールで道の一部を封鎖した。その手前でミニバイクを止め、歩いて配達して回る郵便局員の姿もあった。業者は「これまでが『なあなあだった』だけだ」と主張し、ほかの道でも物理的な封鎖を進めるかどうかは「未定」としている。
     封鎖に備え周辺で駐車場を借りたという住民男性(81)は、住宅団地が坂道にあるため「荷物を持って家まで歩くのはつらい。病気の人や高齢者も多い。見殺しにするのか」と憤った。

    長崎新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191003-00000001-nagasaki-l42
    画像 私道の一部を封鎖するために設置されたブロックやポール。奥が私道、手前は市道=2日午後4時41分、長崎市青山町



    (出典 diary.ponkichi01.com)



    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    【【長崎】通行料・月額1万円支払え 青山町の団地内私道 所有者が一部封鎖 住民は法的措置検討へ】の続きを読む

    このページのトップヘ