話題のブログNews

話題のニュースや気になる芸スポを中心に毎日お届け!

    カテゴリ:芸能ニュース > ドラマ


    麒麟がくる』(きりんがくる)は、2020年(令和2年)1月19日から放送されているNHK大河ドラマ第59作。 2018年4月19日の制作発表で池端俊策の脚本で明智光秀の生涯を描き、主人公の明智光秀役には長谷川博己起用されること公表された。長谷川の主演は池端のリクエストによるもので、同放送局の
    24キロバイト (2,594 語) - 2020年1月26日 (日) 23:59


    (出典 www.sponichi.co.jp)

    1 ばーど ★ :2020/01/27(月) 09:16:51 ID:674U+Lak9.net

     俳優の長谷川博己(42)が主演を務めるNHK大河ドラマ「麒麟がくる」(日曜後8・00)の第2話が26日に放送され、平均視聴率は17・9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが27日、分かった。

     大河ドラマ59作目。第29作「太平記」を手掛けた名手・池端俊策氏(74)のオリジナル脚本で、智将・明智光秀を大河初の主役に据え、その謎めいた半生にスポットを照らす。物語は1540年代、まだ多くの英傑たちが「英傑以前」だった時代から始まり、それぞれの誕生を丹念に描く。

     第2話は「道三の罠(わな)」。光秀(長谷川)に心を開いた望月東庵(堺正章)と駒(門脇麦)は、ともに美濃に向かうことになる。しかし、その行く手には、美濃の侵略を目論む尾張の織田信秀(高橋克典)の大軍が迫っていた。多勢に無勢の中、籠城を決め込む斎藤道三(本木雅弘)。光秀と道三の嫡男・高政(伊藤英明)は反対するが、それは敵を欺く道三の作戦で…という展開だった。

    1/27(月) 9:15
    スポニチアネックス
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200127-00000135-spnannex-ent


    (出典 portal.st-img.jp)


    【【視聴率】長谷川博己主演「麒麟がくる」 第2話は17・9% 好調キープ】の続きを読む


    麒麟がくる』(きりんがくる)は、2020年(令和2年)1月19日から放送されているNHK大河ドラマ第59作。 2018年4月19日の制作発表で池端俊策の脚本で明智光秀の生涯を描き、主人公の明智光秀役には長谷川博己起用されること公表された。長谷川の主演は池端のリクエストによるもので、同放送局の
    23キロバイト (2,553 語) - 2020年1月20日 (月) 01:35


    (出典 d39t9tn4y25mgl.cloudfront.net)

    1 Egg ★ :2020/01/20(月) 06:39:40.35 ID:XIvzoFvv9.net

    NHK大河ドラマ「麒麟がくる」(主演長谷川博己)が19日、スタートした。極彩色の世界観に、ネット上では「明るくていい」「目がチカチカする」など賛否が寄せられた。

    主人公の明智光秀は青や緑、斎藤義龍(伊藤英明)は赤など登場人物は原色の衣装に身を包み、農民たちの衣装も色とりどりでカラフル。黒沢明監督の長女で、衣装デザイナーの黒沢和子さんが衣装を手掛け、4Kカメラでの撮影が映えるビビッドな色遣いを実現させた。制作統括の落合将チーフ・プロデューサーは「庶民も含め、いつ死ぬか分からない時代なので、町なかが平穏な時はそういった(カラフルな)衣装を着ているという時代考証に基づいて演出している」としている。

    ネット上では、オープニング直後から「画面の彩度がすごい」「農民まで7色でカラフル」「テレビが壊れたかと思った」「アプリで無理やり彩度上げた感じ」などとツイートがあふれ、「カラフル」が急上昇ワードに躍り出る場面もあった。

    [2020年1月19日22時29分]
    https://www.nikkansports.com/m/entertainment/news/202001190001066_m.html?mode=all

    1 Egg ★ 2020/01/19(日) 22:37:06.78
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1579445486/


    (出典 www.iwate-np.co.jp)


    (出典 girlshour.net)


    (出典 www.billboard-japan.com)


    (出典 mag.japaaan.com)


    【【NHK大河ドラマ】<麒麟がくる>極彩色に賛否!「明るい」「目チカチカ」「テレビが壊れたかと思った」】の続きを読む


    長谷川 博己(はせがわ ひろき、1977年3月7日 - )は、日本の男性俳優。愛称は「ハセヒロ」。東京都出身。ヒラタオフィス所属。 中央大学文学部卒業。大学在学中はマガジンハウスでアルバイトをしていた。2001年、文学座附属演劇研究所に入所(第41期生)。 2002年、TPT『BENT』で初舞台を踏
    24キロバイト (2,702 語) - 2019年11月15日 (金) 05:06


    (出典 portal.st-img.jp)

    1 梵天丸 ★ :2020/01/20(月) 09:17:46 ID:LgR8SkaE9.net

    1/20(月) 9:06配信
    スポニチアネックス

     俳優の長谷川博己(42)が主演を務めるNHK大河ドラマ「麒麟がくる」(日曜後8・00)が19日に拡大版(75分)でスタートし、初回の平均視聴率は19・1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが20日、分かった。大河ドラマの初回19%超えは2016年「真田丸」19・9%以来4年ぶりとなる好発進。期間平均の大河ドラマ歴代ワーストを更新した昨年「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」最終回8・3%から大幅ポイント10・8増。“大河復権”へ第一歩を踏み出した。

     「いだてん」全47話の期間平均(全話平均)は8・2%と大河ドラマ史上初の1桁。12年「平清盛」と15年「花燃ゆ」の期間平均12・0%を大幅3・8ポイント下回り、大河ドラマ歴代ワーストを更新した。それを受けた「麒麟がくる」初回。レギュラー出演予定だった沢尻エリカ被告(33)が昨年11月16日に麻薬取締法違反罪で逮捕。序盤の撮り直しを余儀なくされ、当初の1月5日から初回放送日が2週間延期となるアクシデント。それでも3年ぶりの人気の“戦国大河”とあり、視聴率は大幅に回復した。 

     大河ドラマ59作目。第29作「太平記」を手掛けた池端俊策氏(74)のオリジナル脚本で、智将・明智光秀を大河初の主役に据え、その謎めいた半生にスポットを照らす。物語は1540年代、まだ多くの英傑たちが「英傑以前」だった時代から始まり、それぞれの誕生を丹念に描く。

     第1話は「光秀、西へ」。領地を荒らす野盗を撃退した際、明智光秀(長谷川)は、その頭領が持っていた「鉄砲」という見たことのない武器に興味を持つ。美濃守護代・斎藤氏の名跡を継ぐ斎藤道三(本木雅弘)に掛け合い、ある約束と引き換えに、鉄砲がどういうものか探る旅に出る。堺を訪れると、ひょんなことから三好長慶の家臣・松永久秀(吉田鋼太郎)に気に入られる。次に向かった京で、名医と名高い望月東庵(堺正章)と助手の娘・駒(門脇麦)に出会うが、東庵は大の博打好き。本当に名医なのかヤブ医者なのか分からない。そんな中、大名同士の抗争が始まり、町は大火事になる…という展開だった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200120-00000115-spnannex-ent


    (出典 portal.st-img.jp)


    (出典 www.tvguide.or.jp)


    【【視聴率】「麒麟がくる」初回19・1%の好発進!「真田丸」以来4年ぶり19%超「いだてん」最終回から大幅増】の続きを読む


    雅人(さかい まさと、1973年10月14日 - )は日本の俳優、宮崎県宮崎市出身。 血液型O型。身長172cm、体重60kg。靴のサイズは27cm。3人兄弟の長男。田辺エージェンシー所属。妻は女優の菅野美穂。 出生したのは兵庫県神戸市垂水区だが「宮崎県宮崎市出身」としている。2歳まで舞子浜の団
    39キロバイト (4,579 語) - 2019年12月2日 (月) 11:54


    (出典 livedoor.sp.blogimg.jp)
    1 ひかり ★ :2019/12/20(金) 07:58:41.60 ID:nnucMu0a9.net

    「来年4月から続編が放送予定のTBS系ドラマ『半沢直樹』のキャスティングには、度肝を抜かれると思いますよ」(芸能プロ関係者)

     最高視聴率42・2%を叩き出した、堺雅人(46)主演の大ヒットドラマが約7年ぶりに復活。TBSサイドも続編を盛り上げるべく、来年1月にスペシャルドラマも放送する。

    「“半沢直樹イヤー”と銘打つなど、局としてもそうとう力を入れているようです。SPドラマの内容は、続編の舞台となる半沢の出向先『東京セントラル証券』と大きく関わる
    IT企業での物語です。吉沢亮が主演を務め、尾上松也や北村匠海、井上芳雄などの実力派俳優が脇を固めています」(TBS関係者)

    続編がなかった理由

     そもそも、半沢ファンが7年も待ちわびた続編がなかなか実現しなかったのは、キャスト側に理由があったそう。

    「『半沢』に出演して以降、さらに多忙になった役者のスケジュールの兼ね合いもありましたが、肝心の主役である堺さんがなかなか首を縦に振らなかった。これほどの大ヒット作を
    続編が視聴率をはじめ人気を超えるのは難しいですし、ひとつの役のイメージが強くなることを避けていたようです」(同・TBS関係者)

     とはいえ、今や人気俳優として不動の地位を確立した堺は、今回のオファーを断る理由がなかったのだろう。

     しかし、今回の続編に前作の出演者が登場しないというのはいったい……?

    「いっさい登場しないというわけではないんです。実は、少し前に堺さんの事務所サイドが“『半沢』の色を変えたい”という希望を示し、堺さん以外のキャストを“総入れ替えしたい”と、
    要求してきたようなのです。しかし、その時期にはすでに、上戸彩さんや北大路欣也さんなどのスケジュールを押さえていた手前、現実的に総入れ替えはできなかったというのが
    真相なんですよ」(前出・芸能プロ関係者)

     そこで、堺の事務所からの意向を受けたTBSは、

    「そういった経緯から“前作キャストの登場シーンを当初から減らす”という折衷案で調整しているそうです。この方法であれば、堺さんの事務所サイドの希望も叶えられる形になりますからね。

     ただ、出番が減るとはいえ、前作に出演したメンバーの多くを登場させると“既視感”が生まれて、新鮮味がなくなる可能性はあります。その一方で、7年前に大盛り上がりを見せた、
    銀行常務役だった香川照之さんらによる“帰ってきた『半沢』が見たい”と期待している視聴者も多いと思うので難しいところですね」(同・TBS関係者)

     今回のキャスティングに関して、TBSに問い合わせてみると「キャスティングについては、従来、お答えしておりません」とのことだった。

     “お化けドラマ”の続編には、気苦労が絶えないようで……。

    週刊女性
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191220-00016779-jprime-ent


    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    【【芸能】ドラマ『半沢直樹』7年ぶりの復活で、堺雅人の事務所がTBSに出した“要求”】の続きを読む


    いだてん〜東京オリムピック噺〜』(いだてん とうきょうオリムピックばなし)は、2019年1月6日から放送のNHK大河ドラマ第58作。省略され、単に『いだてん』と呼ばれることもある。 日本が初めて夏季オリンピックに参加した1912年(明治45年)のストックホルムオリンピックから、幻となった東京オリン
    192キロバイト (27,715 語) - 2019年12月14日 (土) 20:36


    (出典 realsound.jp)
    1 湛然 ★ :2019/12/15(日) 07:07:05.79 ID:2tAU1kcn9.net

    12/15(日) 6:00 ザテレビジョン
    大河ドラマ「いだてん―」がいよいよ最終回!宮藤官九郎「この年齢で、この体力で出会えて良かった」
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191215-00216172-the_tv-ent

    大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」の脚本を手掛けた宮藤官九郎氏(C)NHK

    (出典 amd.c.yimg.jp)



    大河ドラマ「いだてん―」が最終回を迎える

    中村勘九郎と阿部サダヲがダブル主演を務める大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」(毎週日曜夜8:00-8:45ほか、NHK総合ほか)が12月15日(日)に最終回を迎える。

    宮藤官九郎が脚本を手掛けた日本のスポーツの歴史物語で、日本で初めてオリンピックに参加した金栗四三(勘九郎)と日本にオリンピックを招致した田畑政治(阿部)が奮闘する姿を描いた同作。

    最終回にあたり、脚本の宮藤からコメントが到着した。

    今回が大河ドラマ初執筆だった宮藤は、「歴史の資料を元にドラマを描くのは、僕にとってチャレンジでした。残されている膨大な資料はたくさんのヒントが得られたと同時に、足かせにもなりました。とはいえ、当然記録に残っていない部分もたくさんあり、そこは自分で埋めていっていいと都合良く解釈して描いたシーンもたくさんあります」と大河ドラマならではのエピソードを明かす。

    そして、「『いだてん―』の執筆が決まった当初は『最後まで書き終わらないうちに体を壊したらどうしよう』という怖さもありました。でも、全てを終えた今振り返ると、やっぱりいい経験でしたね」と振り返った。

    ■ 脚本・宮藤官九郎コメント

    歴史の資料を元にドラマを描くのは、僕にとってチャレンジでした。

    残されている膨大な資料はたくさんのヒントが得られたと同時に、足かせにもなりました。とはいえ、当然記録に残っていない部分もたくさんあり、そこは自分で埋めていっていいと都合良く解釈して描いたシーンもたくさんあります。

    資料はドラマを描くときのヒントであり、材料みたいなものを与えてくれるもの。これとこれを組み合わせたらどうなるだろう? って、自分で考えていく感じです。

    そのなかに架空の人もいて、絶対に交わらないはずの金栗さんと志ん生が間接的につながるという。それは架空の人物を配置したからこその面白さですよね。ですから、史実に沿ってドラマを描くのも楽しかったです。

    よくよく考えたらオリジナルのドラマを書いているときも、身近な誰かをモデルにしたり、役者さんにあてて書いている時点でもう100パーセント僕の頭にあるものではないので、普段から同じようなことをやっているんだなと気づきました。

    「いだてん―」の執筆が決まった当初は「最後まで書き終わらないうちに体を壊したらどうしよう」という怖さもありました。でも、全てを終えた今振り返ると、やっぱりいい経験でしたね。今だからできたと思います。

    年を取ったらここまで情報処理ができなかったと思うし、逆に若かったらもっと自分を出したくなって、実在の人物よりも自分の頭で考えたことを優先したくなっちゃったかもしれません。

    そう考えると、この年齢で、この体力で「いだてん―」と出会えて良かったなと思います。

    ■ チーフ演出(最終回の演出を担当)・井上剛コメント

    最初に台本を読んだときは「これだけの内容を60分に詰め込めるかな」と思うような宮藤さんの迫力を感じました。しかも制作陣全員の思いがあふれているので、台本に書かれていること以上に行間を拾っていかないといけないしと意気込みました(笑)。

    「初回から繋がっている! と感じてもらえるためにどう見せるか」を意識しながら、撮影だけでなく編集や音楽も大車輪の活躍で、何とか凝縮したドラマを60分で描くことができたと思います。

    最終回といえばいつもそうですが、終盤のスタッフの疲弊度や差し迫るスケジュールにも頭を悩ませながら(笑)、それでも“ワンチーム”となって全員が力を出し切ったことで、自信を持ってお届けできる最終回になったと思っています。

    これほど身近に感じられる大河ドラマはこれまでなかったと思います。まさに現代を生きる私たちと地続きの物語。それを掲げてドラマを紡いできたので、視聴者の皆さんにとっても過去とのつながりを実感できるドラマであればいいなと思っています。

    (おわり)


    (出典 storage.mantan-web.jp)



    (出典 contents.melos.media)


    【【大河ドラマ】「いだてん」いよいよ最終回!宮藤官九郎「この年齢で、この体力で出会えて良かった」】の続きを読む

    このページのトップヘ