話題のブログNews

話題のNewsや芸能ネタをまとめてお届け!

    カテゴリ:芸能ニュース > 映画


    本の責任編集を手掛け、同書では安彦、同作で原画を担当した板野一郎と庵野による師弟&孫弟子の座談会が収録された 。 特撮作品では「ウルトラシリーズ」の大ファンで、特に『帰ってきたウルトラマン』に熱中したといい、大学時代には『ウルトラマン』の8ミリ映画を自主制作している。なお、高校時代に8ミリフィルムのカメラを購入している。DAICON
    61キロバイト (7,585 語) - 2019年7月31日 (水) 22:35


    (出典 livedoor.blogimg.jp)

    次は『シン・ウルトラマン』!主人公に斎藤工

    1 湛然 ★ :2019/08/01(木) 05:04:26.83

    8/1(木) 5:00 サンケイスポーツ
    「シン・ゴジラ」庵野秀明氏、次は『シン・ウルトラマン』!主人公に斎藤工
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190801-00000504-sanspo-movi

    ウルトラマン(1966年放送)(C)円谷プロ

    (出典 amd.c.yimg.jp)
     
     
     2016年公開の「シン・ゴジラ」でゴジラの襲来をリアルに描いた企画・脚本の庵野秀明氏(59)と樋口真嗣監督(53)の最強コンビが特撮テレビドラマの最強ヒーロー、ウルトラマンを「シン・ウルトラマン」(2021年公開予定)として映画化することが31日、分かった。ウルトラマンに変身する主人公を演じる斎藤工(37)、長澤まさみ(32)、西島秀俊(48)の主要キャストも決定。日本を代表するヒーローが現代社会を舞台に躍動する!

     1966(昭和41)年に誕生し、今も大人気のウルトラマンが“シン”化して令和のスクリーンに帰ってくる。

     「新世紀エヴァンゲリオン」で知られる企画・脚本の庵野氏はウルトラマンシリーズのファンを公言。大阪芸術大在学中には自ら主演して監督した8ミリ映画「DAICON FILM版 帰ってきたウルトラマン」を自主製作したこともある。

     初代「ゴジラ」(1954年)の現代社会での再構築だった「シン・ゴジラ」では、本当にゴジラが現れたら政府や自衛隊はどう動くかを徹底リサーチして映像化。興収82・5億円の大ヒットを記録し、第40回日本アカデミー賞でも作品賞、監督賞など主要7部門で最優秀を受賞するなど作品としても高評価を得た。

     今回も盟友・樋口監督とタッグを組み、初放映時に初めてテレビで「ウルトラマン」を“目撃”したときと同様の衝撃を与える作品を目指す。

     物語の詳細に触れるため、それぞれの役柄はトップシークレットだが、3人のキャストはいずれも“巨大生物に対抗する組織”のメンバー。斎藤は主人公である“ウルトラマンになる男”を演じ、「一度だけ生前の実相寺昭雄監督にお会いする機会があり、前のめりに当時の円谷プロや『ウルトラマン』の様々な話を伺えたことは全て“ココ”に繋がっていたのでは」と感激。ウルトラシリーズの名演出家との邂逅(かいこう)も交えて武者震いした。

     主人公の相棒に扮する長澤は「思いがけない展開もありますが、今を生きぬく事はいつもどんな時も精いっぱい。作品を通して少しでも多くの人の心に届くものになれば」と、「シン・ゴジラ」級の緊迫感を保証。

     主人公の同僚役の西島は「驚きと興奮がいまだに冷めません。ファンの方もそうでない方もきっと楽しめる一級のエンターテイメント作品になると確信しています」と意気込む。

     「進」「新」「真」「深」など、さまざまな言葉の意味を持ちうる「シン」の言葉を冠にした新プロジェクトが始動。最高のスタッフ、キャストが“誰も見たことのないウルトラマン”を創り上げる。


    (おわり)


    (出典 pbs.twimg.com)


    【【映画】「シン・ゴジラ」庵野秀明氏、次は『シン・ウルトラマン』!主人公に斎藤工】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)

    ゾンビが津波になって人々を襲う

    1 アンドロメダ ★ :2019/07/21(日) 13:40:45.94 ID:KkHGR/4H9.net

    米ケーブル局Syfyが、ゾンビが津波になって人々を襲う映画『Zombie Tidal Wave(ゾンビ津波)』を製作。
    先日公開されたばかりの予告編が「ぶっ飛んでる」と話題になっている。

    ▼動画
    『Zombie Tidal Wave』予告編(スプラッター注意)

    (出典 Youtube)


    8月公開予定の本作は、鬼才アンソニー・C・フェランテ監督による最新作。
    人喰いザメを巻き込んだ巨大竜巻と人間との死闘を描いた伝説的映画『シャークネード サメ台風』を手がけた人物で、予告編を見る限り、バカバカしさは今作にも健在だ。

    なぜか海底から湧き出てた大量のゾンビが、文字通り「津波」となり、人類に襲いかかってくる。
    主人公の武器はスクリュープロペラ、さらに電気を帯びた刀を持ったシーンもあり中二病心をくすぐられる。
    ゾンビをバッタバッタ切りまくる主人公無双にも期待が持てる。

    ▼写真

    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    http://yurukuyaru.com/archives/80464523.html


    (出典 pbs.twimg.com)



    (出典 i.ytimg.com)


    【【映画】海で大量発生したゾンビが津波にのり人間を襲う映画『ソンビ津波』が話題に(動画あり)】の続きを読む


    唐沢 寿明(からさわ としあき、旧芸名:唐澤 潔(からさわ きよし)、1963年6月3日 - )は、日本の俳優。 東京都出身。研音所属。東京都立蔵前工業高等学校中退。 妻は女優の山口智子。 高校中退後、1980年、俳優として活動を開始。 東映アクションクラブ(当時最年少16歳で四期生)、ホリプロ(
    41キロバイト (5,179 語) - 2019年7月13日 (土) 14:36


    (出典 portal.st-img.jp)


    1 muffin ★ :2019/07/14(日) 23:49:00.43 ID:xPqln3Ld9.net

    https://www.cinematoday.jp/news/N0109935
    2019年7月14日

    映画『トイ・ストーリー』シリーズで第1作から23年以上にわたって、主人公ウッディの声を務めてきた俳優の唐沢寿明。バズ役の所ジョージとの名コンビで愛されてきた唐沢が、俳優として声優の難しさを語った。

    12日からは待望のシリーズ最新作『トイ・ストーリー4』が公開中。「最初はこんなに続くと思っていなかった」と話す唐沢も、初めはオーディションで選ばれたそうで、「(オリジナル版のウッディ役は)トム・ハンクスさんでしょ。声質が全く違うわけだから、全然声が違うけどいいのか?」と戸惑った上に「初めてやることだし、うまくいくかもわからなくてやっていた」と手探り状態だったという。

    他の作品で声優を務めることもあるが、そのときに「相手役の女の人がいて、その人が声優さんだったんだけど、声優さん独特の話し方をしていて。日常でそんな言い方はしないけど、画にははまってるんだよ」と驚いたそうで、「自分たちがそんなこと言ったら『くさいよ~』って言われるけど、画にはすごくピッタリ合っているわけ。これは真似できないなと思って」と感心したことを明かす。

    「うまくはできない。声優の人と自分たちがやるっていうのは全く世界観が違っていて。今回も自分なりに頑張ってはいるけど、やっぱりすごく苦労したし。ただ、(オリジナル版も俳優の)トム・ハンクスさんがやっているから、俳優としての考え方でやっていいんだなって思ってやっているけど。ほんと声優の人ってすごいね。毎回思うんだよね」

    さらに、前作『トイ・ストーリー3』からは9年、久しぶりにウッディの声を演じたが、「(前回と)同じような気持ちでやったけど、『ちょっとテンションが低い』って言われて。同じようにやっているのに。聞かせてもらったら、確かにテンションが低くて。たぶん、知らないうちに大人になってたんだと思う。自分の方が成長しちゃってんだよね(笑)」と時の流れを実感したようだ。

    第1作の公開から23年以上がたってもなお、世界中で愛され続ける本シリーズ。唐沢は「それに出られたってのは良かったよね。なかなかこの作品を超えるものがないと思う」と喜びながらも、「自分はこれだけでいいかなって思う。他はなかなかできない、大変だから。声優を仕事にしている人は楽だよって言うかもしれないけど、自分たちからしたら本当に大変なんだよね。(映像に)合わせてしゃべるのは。自分がしゃべったことに動きを合わせてくれるんだったらいいけど」と声優業の苦労を明かしていた。(取材・文:編集部・中山雄一朗)

    映画『トイ・ストーリー4』は公開中


    (出典 img.cinematoday.jp)


    (出典 img.cinematoday.jp)


    『トイ・ストーリー4』日本版予告編

    (出典 Youtube)


    ★1が立った日時:2019/07/14(日) 13:45:02.64
    【映画】唐沢寿明、俳優が声優をやる難しさ語る「声優の人と自分たちがやるってのは全く世界観が違う。声優の人ってすごい」★2
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1563092696/


    (出典 img.animatetimes.com)


    【【映画】『トイ・ストーリー』唐沢寿明、俳優が声優をやる難しさ語る「声優の人と自分たちがやるってのは全く世界観が違う。声優の人ってすごい」】の続きを読む


    松岡 茉優(まつおか まゆ、1995年2月16日 - )は、日本の女優、タレント。東京都出身。 ヒラタインターナショナル所属。 8歳の時、当時3歳の妹、松岡日菜がスカウトされ、母親と共にその面接に同行した際、面接担当者に「お姉ちゃんもやってみる?」と言われて事務所に入る。このことを本人は、「妹のつい
    61キロバイト (7,930 語) - 2019年6月30日 (日) 22:52


    (出典 cdn.asagei.com)


    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/07/10(水) 14:18:40.67 ID:WqHxkup/9.net

    7月20日、カンヌ国際映画祭パルムドールを受賞した映画「万引き家族」が、フジテレビで地上波初放送される。同映画は、世界中で高い評価を得たため、放送を楽しみにしている視聴者が多いという。

    「『万引き家族』は、4月3日にDVDが発売されたばかりなのですが、わずか3カ月でテレビ放送が決定しました。そのため映画を見逃した視聴者からは、『見たかったから嬉しい』と喜びの声があがっています。おそらく同映画の監督・是枝裕和氏の新作映画『ラ・ヴェリテ』(仮)が、秋に公開予定ですから、今回はそれの宣伝に合わせて放送が決まったのかもしれません」(テレビ誌記者)

    そんな同映画にて、特に注目を集めた場面といえば、松岡茉優が「女子高生を見学する」という設定の店で見せた体当たり演技である。一部週刊誌によれば、彼女は実際に関係者とともにピンク店に潜入し、サービス内容を徹底取材。その甲斐あって、本編では実際に店内で行なわれている生々しいプレイを見せている。

    しかし今回の地上波放送にあたって、一部からは心配の声があがっているようだ。

    「松岡は本編で、服を脱いでピンクのアンダーウエア姿を見せるだけでなく、自身の胸を揉みしだいたり、スカートのままM字で腰を前後に動かすなどの衝撃艶シーンに挑んでいます。特に胸の膨らみは、これまでの彼女のイメージからは想像できないほど、豊かなバストをしていたため、『意外にデカい!』と観客を釘付けにしました。それだけに今回、地上波放送が決まると、映画ファンの間では『あんな、こぼれそうな艶バストを地上波で流して大丈夫か?』『1人で見たら興奮しすぎて昇天してしまうかもしれない』といった心配の声が殺到しています。さらに『茉優ちゃんの、ぷるるんバストのために絶対ハイビジョン録画する!』との声も多数あがっているため、万が一カットとなれば、批判が殺到することとなるでしょう」(前出・テレビ誌記者)

    今回、“本編ノーカット”とうたっているフジ。映画には安藤サクラのマッパシーンなど、他にもインパクトのある艶シーンが登場するが、はたしてそのすべてをお茶の間に流すことができるのだろうか。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16751044/
    2019年7月10日 11時0分 アサ芸プラス




    (出典 gaga.ne.jp)



    (出典 image.chess443.net)



    (出典 cinema.u-cs.jp)


    【【芸能】大丈夫なの?「万引き家族」地上波放送に心配の声が殺到するワケ】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)

    『新聞記者』予告編

    (出典 Youtube)

    身内を困らせ、萎縮を狙っている

    1 みつを ★ :2019/06/02(日) 18:16:51.84 ID:8d5V/cHH9.net

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/staff-writer-movie_jp_5cf1e8a9e4b0e8085e3a4e07

    アートとカルチャー
    2019年06月01日 15時07分 JST
    安倍政権の「圧力」、望月衣塑子記者や前川喜平氏らが明かす。映画「新聞記者」に合わせて【動画】

    「身内を困らせ、萎縮を狙っている」。望月記者はそう明かした
    関根和弘

    権力が隠蔽する不正に新聞記者が迫る映画「新聞記者」(藤井道人監督)が6月28日、全国一斉に公開される。

    韓国の若手女優シム・ウンギョンが新聞記者を、松坂桃李が記者に協力する若手官僚を演じるサスペンスエンターテイメントだ。

    作品はフィクションだが、東京新聞の望月衣塑子記者の自伝「新聞記者」が原案となっているほか、加計学園問題など、安倍政権下で実際に起きた出来事を題材にしているとみられる内容が盛り込まれている。


    作品に合わせ、望月記者と元文部科学省事務次官の前川喜平氏、新聞労連委員長で朝日新聞記者の南彰氏、元ニューヨークタイムズ東京支局長でジャーナリストのマーティン・ファクラー氏の4人が「権力とメディア」をテーマに対談し、記者に対する安倍政権の「圧力」について話した。

    対談の様子は作中でも一部登場するが、ハフポストは主要部分をまとめた動画を制作側から提供を受け、独占的に掲載する。2回目の今回は「権力とメディア」がテーマだ。

    対談の主な内容は以下の通り(敬称略)。

    間接的な圧力
    (リンク先に続きあり)

    HUFFPOST JAPAN
    望月記者

    (出典 img.huffingtonpost.com)
    ?cache=f3nhM4V4Y7&ops=scalefit_630_noupscale
    動画

    (出典 Youtube)


    【【#望月衣塑子 】#安倍政権 の「圧力」明かす、映画「新聞記者」に合わせて[動画]】の続きを読む

    このページのトップヘ