話題のブログNews

話題のニュースや気になる芸スポを中心に毎日お届け!

    カテゴリ:芸能ニュース > 映画


    永瀬 (ながせ れん、1999年1月23日 - )は、日本の歌手、俳優、タレント。関西ジャニーズJr.出身であり、男性アイドルグループ・King & Princeのメンバー。 東京都出身。ジャニーズ事務所所属。 母親が履歴書を送り、オーディションを経て2011年4月3日にジャニーズ事務所に入所し、関西ジャニーズJr
    16キロバイト (1,719 語) - 2020年1月17日 (金) 22:40


    (出典 pbs.twimg.com)
    1 muffin ★ :2020/01/18(土) 09:20:02 ID:Q0aZQ46D9.net

    https://natalie.mu/eiga/news/363438
    2020年1月18日

    King & Princeの永瀬廉主演で「弱虫ペダル」が実写映画化。伊藤健太郎、橋本環奈が共演に名を連ねる。

    「弱虫ペダル」の原作は、渡辺航による同名マンガ。地元の千葉から秋葉原にママチャリで通うアニメ好きの高校生・小野田坂道が自転車競技部に入部し、仲間たちのために自分の限界や壁を越えて、レースに勝利しようと努力を重ねるさまが描かれる。これまでにテレビアニメ、アニメ映画、舞台、小説、ドラマなどさまざまなジャンルでメディアミックスされており、このたびの実写映画では「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」「旅猫リポート」の三木康一郎が監督を務める。

    坂道役の永瀬は、本作に出演するにあたってロードバイクに初挑戦した。彼は現在出演中の舞台「JOHNNYS' ISLAND」の公演やほかの仕事の合間を縫って自転車練習を始め、3回目の練習では山道を全力疾走するなど気合い十分。原作やアニメにハマり、気が付くと朝になっている日々を送っているという。永瀬は「一つの競技に一生懸命になっている選手たちは、キラキラしていて本当にかっこいいんです! その魅力を映画でも伝えて、時間を忘れさせるような作品にしたいと思います」と意気込み、「自転車練習を頑張ってますので、是非この夏を楽しみにしていてください」とメッセージを送った。

    そして坂道のよきライバル・今泉俊輔役の伊藤は「原作を飛び越えた実写ができればと思っています」と、自転車競技部のマネージャー・寒咲幹役の橋本は「実写化されるにあたって、この魅力あるヒロインとして参加出来る事を今からとても楽しみにしています」とそれぞれの思いを語る。原作者の渡辺は「坂道の自転車との出会い、友達との出会い、新しい自分との出会いの物語です。ボクも楽しみにしています!!」とコメントを寄せた。

    「弱虫ペダル」は2月にクランクイン予定。8月14日に公開される。
    全文はソースをご覧ください


    (出典 ogre.natalie.mu)


    (出典 ogre.natalie.mu)


    (出典 ogre.natalie.mu)


    (出典 ogre.natalie.mu)


    【【漫画】「弱虫ペダル」実写映画化! キンプリ永瀬廉主演 今泉役は伊藤健太郎、マネージャー・寒咲幹役は橋本環奈】の続きを読む



    (出典 images.ciatr.jp)
    1 ひかり ★ :2020/01/14(火) 08:20:34.31 ID:tb9c9RiV9.net

     スタジオジブリが1995年にアニメ映画化した『耳をすませば』が、女優・清野菜名と俳優・松坂桃李のW主演で、実写映画化されることが発表された。
    原作の世界観を再現する「あの頃(過去)」と、オリジナルで加わる「10年後(現在)」を描く。清野は
    「とてもうれしく光栄」と喜び、松坂も「月日を経て描かれる“その後”の物語に関われることをうれしく思います」と出演に笑顔を見せる。公開は9月18日。

     柊あおい氏が、89年に少女コミック誌『りぼん』(集英社)で発表した青春恋愛漫画が原作。読書が大好きな中学生・月島雫が、夢に向かって生きる
    天沢聖司に想いを寄せていく物語は、多くの女性たちの感動を得た。アニメ映画版では、雫を本名陽子、聖司を高橋一生が声を担当。本名が歌う主題歌
    「カントリー・ロード」は、今でも歌い続けられている名曲になっている。

     実写映画版は、小説家になりたいというという雫と夢を追う聖司が惹かれ合い、中学3年生のときに「お互いきっと、夢をかなえよう」と誓い合う。それから10年の
    月日が流れ、出版社で児童小説の編集者になった24歳の雫は、小説家になる夢は諦めて、本を売るために必死な毎日。夢を追い、海外で暮らす聖司とはいつの間にか
    距離が生まれるも、雫は忘れていた“あの頃の気持ち”を取り戻していく物語が紡がれる。

     清野は「誰もが大好きな名作の世界に存在できることを光栄に思っております。雫はどのようにして大人になっていったのか、彼女の思いに寄り添いながら、
    雫のピュアな心を大切に丁寧に演じていきたいと思っています」と意気込み。

     松坂は「アニメーション映画で何度も見た作品。あの頃にしか感じられないものが詰まっていてすてきだなと思っていました。あの物語の“その後”を想像した方も
    いらっしゃるのではないでしょうか。僕もそうでした」と“10年後”の世界を楽しみながら演じる。

     メガホンをとるのは、ドラマ『世界の中心で、愛をさけぶ』(2004年)、『ROOKIES』(08年)、『JIN-仁-』シリーズや『義母と娘のブルース』など
    ヒット作を生み出している平川雄一朗監督。「大変な緊張感とプレッシャーを抱えています」と恐縮するも「原作の空気感をそのままに心温まる映画となるよう
    まい進したいと思います」と話す。

     プロデューサーの西麻美氏は「実写映画化しようと考えた時、10年後の大人になった雫と聖司を描いたらどうだろうと思いつきました。そして、清野菜名さん、
    松坂桃李さんが決まったことで、これはすてきな作品にできると確信しました」と自信を覗かせる。

     中学時代の雫と聖司や、ほかのキャスト陣は今後発表される。クランクインは2月中旬で、3月中にクランクアップを迎える予定。

    オリコン

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200114-00000303-oric-ent

    (出典 pbs.twimg.com)


    【【映画】『耳をすませば』実写映画化 清野菜名&松坂桃李W主演で雫と聖司の“10年後”描く】の続きを読む



    (出典 img.cinematoday.jp)


    1 牛丼 ★ :2020/01/06(月) 12:11:42.15 ID:UjA2Mrps9.net

    【ロサンゼルス聯合ニュース】米アカデミー賞受賞が期待される韓国のポン・ジュノ監督の最新作「パラサイト 半地下の家族」が4日(現地時間、以下も)、全米映画批評家協会賞の最高賞となる作品賞を受賞した。米ハリウッドの芸能メディアが5日、伝えた。

     全米映画批評家協会は、著名な映画批評家約60人で構成されている。

     「パラサイト 半地下の家族」は44票と圧倒的支持を得て作品賞に選ばれたほか、脚本を担当したポン監督とハン・ジンウォン氏は脚本賞も受賞し、2部門を制した。

     また、同作はオーストラリア・アカデミー賞(AACTA)授賞式でも作品賞に輝いた。

     これにより、カンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールに輝いた「パラサイト 半地下の家族」は「アイリッシュマン」「ジョーカー」「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」などのライバル作品を抑え、米アカデミー賞のノミネートと受賞の可能性がさらに高まったと評価される。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200106-00000005-yonh-asent


    (出典 i.ytimg.com)


    (出典 eiga.k-img.com)


    (出典 ttcg.jp)


    (出典 ttcg.jp)


    (出典 wownews.tokyo)


    (出典 www.parasite-mv.jp)


    【【映画】韓国映画「パラサイト 半地下の家族」全米映画批評家協会賞で2冠!】の続きを読む


    会い、ファースト・オーダーと戦うレジスタンス(新共和国)に加わる。 英国人女優のデイジーリドリーが演じる。日本語吹き替えは永宝千晶が担当。 脚本家のマイケル・アーントは2012年中頃にルーカスフィルム社長のキャスリーン・ケネディから『スター・ウォーズ』続編三部作の脚本執筆を依頼され、彼は女性ジェ
    49キロバイト (5,987 語) - 2019年10月19日 (土) 18:51


    (出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)
    1 湛然 ★ :2019/12/21(土) 08:01:30.54 ID:MZw9Sx4t9.net

    「レイは何者か?」スター・ウォーズ製作陣の製作苦悩と証言集
    12/20(金) 17:40 Rolling Stone Japan Translated by Shoko Natori
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191220-00032733-rolling-ent

    レイ役のデイジー・リドリーとBB-8(Photo by Jonathan Olley/Lucasfilm LTD)

    (出典 amd.c.yimg.jp)



    監督を務めたJ・J・エイブラムス、ライアン・ジョンソン、そしてレイ役を演じたデイジー・リドリーが、“レイの生い立ち”についてローリングストーン誌に語ったすべてのこと。主役レイの生い立ちとともにスター・ウォーズシリーズの製作プロセスに迫る。

    ※本記事は最新作『最後のジェダイ』のネタバレは含まれておりません。


    (中略)

    スター・ウォーズシリーズの紆余曲折をもっとも的確に表しているのがデイジー・リドリー扮する主人公レイの生い立ちだ。
    『フォースの覚醒』が謎めいたレイの生い立ちと両親の不在には重要な意味があることをほのめかした一方、『最後のジェダイ』は両親が「酒代のために」自分を売ったつまらない人々だったとレイに気づかせることで、彼女の過去の重要性を否定している。
    それに対し、J・J・エイブラムスとクリス・テリオは『スカイウォーカーの夜明け』でレイの生い立ちの重要性を語る、と以前から公言していたし、最新作はそれを証明している。
    スター・ウォーズ3部作を長年取材し続けてきたローリングストーン誌に対し、制作陣は不思議と緊張感をはらむこの話題について多くの発言を残してきた。
    今回は、J・J・エイブラムス、ライアン・ジョンソン、クリス・テリオ、デイジー・リドリーによるほとんどが未発表のコメントを紹介する。

    ◆2019年 J・J・エイブラムス
    『フォースの覚醒』、『スカイウォーカーの夜明け』 監督・脚本

    『最後のジェダイ』では、最終章のために準備していたストーリーのアイデアを避けるようなことはしなかった、とエイブラムスは語った。「レイはどこから来たのか? という質問に対し、いくつものアイデアがあった」とエイブラムスは言う。
    「それに、最終的なアイデアもあった。でも、ジョージ・ルーカスが『ジェダイの復讐』を『ジェダイの帰還』に変えたように、もっといいアイデアが生まれる。そこで『そうか、こっちのほうがしっくりくるな。実はこういう意味だったんだ』と気づかされる」

    スター・ウォーズの民主化

    ◆2019年 クリス・テリオ
    『スカイウォーカーの夜明け』 共同脚本

    “選ばれし者”の束縛から解放され、フォースの民主化をはかったライアン・ジョンソンのやり方を否定せずにレイの生い立ちをエイブラムスとともにどのように展開していくか? という課題に対し、テリオは周到な答えを準備していた。
    「ライアンがやったことは非常に興味深かった」とテリオは言う。「それは、スター・ウォーズの民主化だった。家柄や血筋がすべてではないし、未来を決めるのは過去じゃない、というメッセージだったんだ。
    僕らはライアンのメッセージを探求し、あわよくば映画として展開できるようなアイデアとして受け止めた。だって、身分の違いによって二分できる問題じゃないから。
    王家の出と卑しい身分、その間にもたくさんのものが存在する。カイロ・レンの言葉のチョイスだってそうだ。「お前は何者でもない」って、そもそもあれはどんな意味なんだろう?
    レイが自分をそう思っているってことなのだろうか? レイ自身、そういう問いを自分に投げかけたことはあるのだろうか? ライアンが追求したアイデアは、すごくためになった。
    これは3部作についてとくに言えることだけど、シリーズものというのは会話がすべてなんだ。さっきもJ・Jとの会話中で触れたテーマや裏テーマ、全体的なテーマのようにね。
    『フォースの覚醒』ではレイが何者なのか、どこから来たのか、と問いかけ、『最後のジェダイ』ではある意味否定的な回答が出される。『スカイウォーカーの夜明け』ではこの2つを合わせて、第3の答えが提示できるだろう」

    (中略)


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【映画】「レイは何者か?」スター・ウォーズ製作陣の製作苦悩と証言集】の続きを読む



    (出典 minazoo.com)
    1 muffin ★ :2019/12/17(火) 01:16:39 ID:Ne1rSjK19.net

    https://filmaga.filmarks.com/articles/3139/
    2019.12.15

    国内最大級の映画レビューサービス「Filmarks(フィルマークス)」で映画好きから高評価が集まる名作映画15本を紹介。

    『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(1985)
    『フォレスト・ガンプ/一期一会』(1994)
    『ライフ・イズ・ビューティフル』(1997)
    『千と千尋の神隠し』(2001)
    『きっと、うまくいく』(2009)
    『レオン 完全版』(1994)
    『ショーシャンクの空に』(1994)
    『ダークナイト』(2008)
    『最強のふたり』(2011)
    『インターステラー』(2014)
    『この世界の片隅に』(2016)
    『グレイテスト・ショーマン』(2017)
    『グリーンブック』(2018)
    『ボヘミアン・ラプソディ』(2018)
    『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)

    解説・画像はソースでご覧ください

    ★1が立った日時:2019/12/16(月) 11:41:24.58
    前スレ
    【映画】映画好きから高評価!絶対観るべきおすすめ名作映画15本 ★12
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1576508753/


    (出典 d2wpnrzfh9jn5t.cloudfront.net)



    (出典 image.news.livedoor.com)



    (出典 d2wpnrzfh9jn5t.cloudfront.net)



    (出典 up.gc-img.net)



    (出典 up.gc-img.net)



    (出典 d2wpnrzfh9jn5t.cloudfront.net)



    (出典 image.news.livedoor.com)



    (出典 d2ueuvlup6lbue.cloudfront.net)


    【【映画】映画好きから高評価!絶対観るべきおすすめ名作映画15本】の続きを読む

    このページのトップヘ