話題のブログNews

話題のNewsや芸能ネタをまとめてお届け!

    カテゴリ:芸能ニュース > 日向坂46


    日向坂46 (河田陽菜からのリダイレクト)
    5 シアタートーキョー) - チームハーモニカ:井口眞緒、潮紗理、加藤史帆、齊藤京子、佐々木久美、高瀬愛奈、東村芽依、松田好花、宮田愛萌、渡邉美穂。チームカスタネット:柿崎芽実、影山優佳、佐々木美玲、高本彩花、金村美玖、河田陽菜、小坂菜緒、富田鈴花、丹生明里、濱岸ひより。 マギアレコード
    68キロバイト (7,320 語) - 2019年7月9日 (火) 11:49


    (出典 pbs.twimg.com)

    河田陽菜ファンからの祝福の声が殺到!

    1 ジョーカーマン ★ :2019/07/10(水) 14:25:30.45 ID:FNB5+MQN9.net

    ■SNSでは、「待ってました!」「買うしかない」など日向坂46・河田陽菜ファンからの祝福の声が殺到!
    写真集クオリティーのグラビア&インタビュー新型マガジン『blt graph. vol.45』が、本日7月10日に発売となった。

    際立つ美少女ぶりに話題沸騰の日向坂46・河田陽菜

    デビュー曲が歴代女性グループアーティスト初週売上1位を記録し、7月17日には2ndシングル「ドレミソラシド」の発売されるなど、今もっとも勢いのあるアイドルグループ、日向坂46の河田陽菜が『blt graph.』表紙に初登場。

    河田陽菜初の雑誌単独表紙となることから、情報が公開と同時に、SNSでは「待ってました!」「買うしかない」など祝福の声が殺到。
    さらに、14ページに及ぶ大ボリュームで、白いワンピース姿やヤギと戯れるほほえましい姿など、河田を存分に堪能できるグラビアが掲載されていることにも期待が寄せられていた。

    キュートなルックスと愛くるしい人柄から、ファンのみならずメンバーからの人気も高い河田。
    最新シングルで初のフロントメンバーに大抜擢、バラエティー番組でも頭角を現しつつある。
    そんな彼女の人柄に迫るべく、インタビューでは「かわたひな」の5つの文字からあいうえお作文風に深掘り。
    性格、趣味、食の好みにはじまり、「10年後はいろいろな面で自信を持った自分になっていたいと思います」と、大人への階段を上りはじめた今の率直な気持ちも告白。
    まもなく18歳になる河田の等身大の姿が明かされる。
    別冊付録として、全3種の特大ポスターも実現した。

    今号の、欅坂46二期生連続企画は、山崎天をクローズアップ。
    グループ最年少の13歳で、幼い顔付きながら、抜群のスタイルと大人っぽい表情を垣間見せ、圧倒的な存在感を放ったグラビアを披露する。

    さらに、乃木坂46から2期生の鈴木絢音と4期生の筒井あやめが登場。
    鈴木は、かき氷屋さんでおちゃめな仕草やリラックスした笑顔を、筒井は、穏やかな空気をまとい梅雨空の中で自然体な表情を見せている。

    また、声優、Aqoursのキャストとして活躍し、8月14日にソロアーティストデビューを果たす斉藤朱夏、スペシャルドラマ『ラッパーに噛まれたらラッパーになるドラマ』に主演、7月クールドラマ『べしゃり暮らし』でヒロインを務める小芝風花、抜群のスタイルで今やグラビア界で引っ張りだこの北向珠夕が、それぞれ10ページのロンググラビアに登場。

    そして、9月27日に1st写真集の発売が決定した大石絵理が先行カットを、2nd写真集が発売中の伊原六花が秘蔵カットを公開。武田玲奈の絶景・美景・珍景を求めて旅する連載『タビレナ』では、巨大ガジュマルを追って沖縄最北端の地にある国立公園を訪れる。
    さらに、好評発売中の『B.L.T.8月号』から、日向坂46の東村芽依、金村美玖、丹生明里、乃木坂46の伊藤理々杏、岩本蓮加、掛橋沙耶香、金川紗耶の未公開カットを届ける。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190710-00000014-mnet-musi

    『blt graph. vol.45』 日向坂46 河田陽菜

    (出典 img-mdpr.freetls.fastly.net)


    (出典 img-mdpr.freetls.fastly.net)


    (出典 img-mdpr.freetls.fastly.net)


    (出典 img-mdpr.freetls.fastly.net)


    (出典 img-mdpr.freetls.fastly.net)

    欅坂46 山崎天

    (出典 img-mdpr.freetls.fastly.net)


    【【日向坂46】人気急上昇!河田陽菜(17)、際立つ美少女ぶりに話題沸騰 初の雑誌単独表紙が実現】の続きを読む


    日向坂46(ひなたざかフォーティーシックス、Hinatazaka46)は、日本の女性アイドルグループである。秋元康のプロデュースにより、2015年11月30日に結成。2019年3月27日にシングルデビュー予定。結成から2019年2月11日の改名までけやき坂46名義で活動していた。 日向坂46
    44キロバイト (4,817 語) - 2019年2月11日 (月) 15:30


    (出典 newsimg.oricon.co.jp)

    「けやき坂46」改め「日向坂46」改名


    1 ひかり ★ :2019/02/11(月) 17:12:17.21 ID:xOkFyUTN9.net

     アイドルグループ「けやき坂46」(略称ひらがなけやき)が11日、都内で動画配信サイト「SHOWROOM」の生配信を行い、
    3月27日に単独シングルデビューすることや、「日向坂(ひなたざか)46」へ改名することなどを発表した。

     配信後に囲み取材に応じ、昨年12月に3daysで行った武道館公演終了後に単独シングルデビューが決定したことをメンバー全員に
    発表されたと明かした。

     改めて単独シングルデビュする感想を聞かれると、キャプテンの佐々木久美(23)は「このメンバーでシングルデビューすることを夢に
    掲げてきたので、その夢が現実になって本当に嬉しいです」と声を弾ませ、加藤史帆(21)は「(けやき坂46として)3年間頑張ってきたことを、
    このデビューにぶつけて行きたいと思います。尊敬している乃木坂46さんのような美しさや清楚さとか、大好きな漢字欅(欅坂46)さんの
    パフォーマンス力やかっこよさを兼ね備えたハイブリッドグループになることが夢です」と意気込んだ。

     また、この日を持って「日向坂(ひなたざか)46」として活動することになったが、グループ名の印象を尋ねられると、佐々木久美は
    「暖かい雰囲気を感じました。可愛い名前だし、グループカラーも空色で、空まで高く飛べるようにという意味も込められているみたいなので、
    これから日向坂46として胸を張って活動できるように、この名前を背負って頑張りたいなと思います」と吐露し、佐々木美玲(19)は
    「乃木坂さんは清楚で、漢字さん(欅坂46)は迫力という武器があるんですけど、私たちは何が武器になるんだろうって悩むことがあったんですけど、
    日向坂46という名前を聞いて、皆さんが私たちのことを見て、暖かくなってもらえるのが武器になれるんじゃないかなと思ったので、
    それを武器にできるようにこれから頑張りたいなと思いました」と目を輝かせた。

     さらに、初期に所属していた欅坂46の長濱ねる(20)には直接報告はできていないそうで、佐々木久美は「ねるちゃんがいたからこその
    私たちなので、みんなで改めてお話ししたいなと思っています」といい、「漢字さんにスタッフさんが報告をしてくれたらしいんですけど、
    喜んでくださったみたいで、今まで漢字さんにはたくさんお世話になったし、カップリング曲1曲を私たちに分けてくださっていたので、
    感謝の気持ちでいっぱいなので、漢字さんにも胸を張って『日向坂です』と言えるように活動して行きたいなと思います」と力を込めた。

     このほか、生配信ではデビュー曲が「メルカリ」のCMソングに決定したこと、グループ単独オフィシャルサイトとファンクラブがオープンしたこと、
    3月5日~6日に横浜アリーナにてデビューカウントダウンライブを開催することが発表された。

    スポニチ
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/02/11/kiji/20190211s00041000259000c.html
    動画配信サイト「SHOWROOM」にて重要なお知らせを行った「けやき坂46」改め「日向坂46」の
    (左より)佐々木美玲、齊藤京子、小坂菜緒、加藤史帆、柿崎芽実、佐々木久美

    (出典 www.sponichi.co.jp)



    (出典 i2.ytimg.com)



    (出典 pbs.twimg.com)



    (出典 pbs.twimg.com)





    (出典 tokyopopline.com)


    【【改名】「けやき坂46」改め「日向坂46」が意気込み 乃木坂と欅坂の魅力兼ね備えた「ハイブリッドグループに」】の続きを読む

    このページのトップヘ