話題のブログNews

話題のニュースや気になる芸スポを中心に毎日お届け!

    カテゴリ:芸能ニュース > 乃木坂46


    松村 沙友理(まつむら さゆり、1992年8月27日 - )は、日本のアイドル、ファッションモデルであり、女性アイドルグループ乃木坂46のメンバー、『CanCam』の専属モデルである。大阪府出身。身長164cm。血液型B型。 2011年3月、大阪桐蔭高等学校を卒業した。その後、親に勧められた看護師に
    64キロバイト (8,526 語) - 2019年4月2日 (火) 10:22


    (出典 pbs.twimg.com)


    1 ジョーカーマン ★ :2019/04/03(水) 15:23:45.65 ID:vb1rwr3f9.net

    新ドラマ『賭ケグルイ season2』(MBS・3月31日スタート、毎週日曜24時50分~/TBS・4月2日スタート、毎週火曜25時28分~)が2日、TBSにて放送スタート。
    生徒会広報にして、人気アイドル・夢見弖ユメミ(ゆめみて・ゆめみ)を演じる乃木坂46・松村沙友理の“怪演ぶり”が話題となっている。

    乃木坂46松村沙友理、豹変
    ユメミは、「辛いこともあるけど、ファンの笑顔を見れば元気100倍!」とファンににこにこと笑顔を振りまくアイドル。
    しっかりとファンの顔も覚え、ライブや握手会を全力で行っていた。

    しかし、控室に戻ると「気持ち悪いんだよ、あの豚ども!くそっ!気持ち悪い!てめぇらなんか動く生ゴミだよ!」「なんでてめぇらのほうが汗かいてんだよ!踊る暇があったら私の歌を聴けよ!」などと、暴言を吐きながらヒステリックに暴れるユメミ。

    学園に転校してきた謎多きギャンブル狂の美少女・蛇喰夢子に本性を知られたユメミは、人生をかけて“アイドル対決”を行うこととなる。

    乃木坂46松村沙友理の怪演に反響
    可愛さ全開の姿から豹変し、怪演を見せた松村。
    ネット上では「さゆりんごの演技すごすぎて震える…」「松村沙友理ちゃん演技上手!すごい!」「豹変ぶりにびっくりした…怖すぎ」「さゆりんの新境地」などと反響が寄せられている。

    http://mdpr.jp/news/detail/1831222

    ドラマ『賭ケグルイ season2』 松村沙友理の“怪演”が話題 

    (出典 tvcap.info)


    (出典 tvcap.info)


    (出典 tvcap.info)


    (出典 tvcap.info)


    (出典 tvcap.info)


    (出典 tvcap.info)


    (出典 tvcap.info)


    (出典 tvcap.info)

    人気アイドル・夢見弖ユメミ 松村沙友理

    (出典 pbs.twimg.com)

    松村沙友理と浜辺美波

    (出典 pbs.twimg.com)


    乃木坂46 松村沙友理

    (出典 66.media.tumblr.com)


    【【乃木坂46】「気持ち悪いんだよ、あの豚ども!」松村沙友理が豹変 “怪演”がスゴいと話題に「怖すぎ」「演技上手!」の声】の続きを読む


    (SME) が当時所有していた東京都港区赤坂の「SME乃木坂ビル」を由来とする。同ビルは乃木坂46の最終オーディション会場として使用されたが、乃木坂46のマネジメント会社である乃木坂46合同会社(乃木坂46LLC)の登記上の本店は、SME本社が入居する「SME六番町ビル」(千代田区六番町4番地5
    248キロバイト (25,900 語) - 2019年2月23日 (土) 08:36


    (出典 realsound.jp)

    割り込みで殴り合いの喧嘩がグッズ列と生写真列で発生


    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/02/23(土) 14:31:58.99 ID:rqJI2BYF9.net

    乃木坂46の「7th YEAR BIRTHDAY LIVE」が、24日までの4日間、京セラドーム大阪で開催されている。

    2年ぶりの全曲披露に加え、最終日は西野七瀬の卒業ライブということで、いつにもまして注目度は高かった。
    チケット争奪戦も加熱したようだったが、最近導入された転売対策が功を奏し、表立った転売はおおむね阻止できたようだ。

    しかし、始発組が到着時には徹夜組で長蛇の列ができており、午前4時の時点で京セラドームを半周した。
    午前8時すぎから列のあちこちで割り込みが多発。ひどい場所では100人単位で割り込んだという。
    前方にいたグループは割り込みで金銭授受していたとみられる。

    その結果、殴り合いの喧嘩がグッズ列と生写真列で発生。ツイッターでは、その状況を報告するツイートが多々見られた。
    ツイートによると、割り込んだある男が女に突き飛ばされて転倒して流血し、さらに女がビンタ気味のパンチを浴びせた
    割り込まれてキレた女性2人は殴り合いのキャットファイトを開始し、止めに入った男性も殴られた。
    顔を殴られ口の中が血だらけの人もいたという。
    中には割り込まれて激怒した人が飛び蹴りを放ったというツイートや、男同士で殴り合いしているという報告も。
    さまざまな場所で割り込み行為や殴り合いの喧嘩が勃発 し、まさに“地獄絵図”だったという。

    この様子はツイッターで拡散し、一部始終が実況された。ネット上では不満の声が続出している。
    「今日の生写真列は割り込み勢と殴り合いとか口論とか喧嘩勃発するし、押されまくって痛い」「生写真の列ヤバ過ぎ…普通に殴り合いしとる」
    「先頭付近で人が倒れてるらしくて、運営が事情聴取してる」「割り込み対策してない運営も運営だけどな」と運営側を批判する声もあった。

    中には「これってファンではなく転売屋でしょ?人を雇って並ばせた、雇った人を割り込ませて買わせる」という指摘も見られた。
    本来、楽しいはずのライブが、転売目的や身勝手な一部のファンによって混乱させられることはなくしてほしいものである。
    今後の運営側の対策に注目が集まる

    http://dailynewsonline.jp/article/1703220/
    2019.02.22 19:40 リアルライブ


    (出典 realsound.jp)



    (出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)



    (出典 upload.wikimedia.org)



    (出典 books.rakuten.co.jp)



    (出典 pbs.twimg.com)



    (出典 pro-popn-s3.s3.amazonaws.com)


    【【芸能】乃木坂バースデーライブ、物販列で男女殴り合いの流血事件が多発 SNSでの実況中継に恐怖の声】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)

    スピリッツの表紙を飾った時メイキング


    表紙を飾った時の衣装は

    1 ジョーカーマン ★ :2019/01/28(月) 08:57:50.70 ID:iXIZRTBC9.net

    乃木坂46の清宮レイが、28日発売の「週刊ビッグコミックスピリッツ」9号の表紙を飾った。

    乃木坂46・4期生、清宮レイが「スピリッツ」初表紙
    昨年、坂道合同オーディションで「スピリッツ大賞」に選ばれ、乃木坂46・4期生としてデビューした15歳の清宮が、同誌で初表紙を担当。

    生徒会長を務めるほどの才色兼備な彼女。
    制服姿、タンクトップ、赤ニットなどの衣装での初々しい表情は必見だ。

    また、同誌公式サイトでは清宮のメイキングムービーを、 1月28日~2月3日の期間限定で配信。
    同誌のグラビアサイト「スピリッツアイランド」では、アザーカットも公開される。

    http://mdpr.jp/news/detail/1818341

    「週刊ビッグコミックスピリッツ」9号 清宮レイ

    (出典 img-mdpr.freetls.fastly.net)


    (出典 img-mdpr.freetls.fastly.net)


    乃木坂46 4期生 清宮レイ

    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    【【乃木坂46】「才色兼備」新加入4期生の清宮レイ(15)、“史上最速”で「スピリッツ」初表紙 タンクトップで肌見せ】の続きを読む



    (出典 xn--pckxb4cud.com)

     俺もほとんど知らないや


    1 名無しさん@涙目です。 :2019/01/07(月) 18:10:07.21 ● BE:599478628-2BP(2500).net


    (出典 img.5ch.net)

    乃木坂レコ大連覇も越えられないAKBの壁 老若男女に広く知られた曲が…

     昨年はリリースしたシングル3作が全てミリオンセールスを達成。2年連続の大賞にもふさわしい活躍ぶりで、
    まさに栄華を極めた感もあるが、まだまだAKBに対して“越えられない壁”をメンバーが感じているという。

    「大賞を受賞した『シンクロニシティ』は150万枚を突破しました。ただ、公式ライバルのAKBには
    『ヘビーローテーション』や『365日の紙飛行機』のように、老若男女に広く知られている名曲が多くある。
    乃木坂メンバーもその点で『まだまだAKBさんを超えられてはいない』と言い合っている」(レコード会社関係者)

     グループとして一大ムーブメントを起こしたタイミングでの楽曲や、「365日の紙飛行機」のように、
    NHKの朝ドラの主題歌ともなった楽曲と比較されては、さすがに浸透度合が低いと言われても仕方ないところだが、
    それでも乃木坂は男女ともに若い世代には絶大な人気を誇るグループだ。
    センターの白石をはじめほとんどのメンバーは父母世代、祖父母世代への浸透を今年の目標に掲げているという。
    http://news.livedoor.com/article/detail/15833944/

    レコード大賞受賞した乃木坂46 『シンクロニシティ』

    (出典 Youtube)
    VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:512:----: EXT was configured


    【【悲報】 乃木坂46 「レコード大賞連覇したのに、乃木坂の曲を知ってる人がいない…なぜ…」】の続きを読む


    (出典 livedoor.blogimg.jp)

    なぜ乃木坂46なの、みんなおかしいと思っているぜ


    NO.7174916 2019/01/05 11:22
    乃木坂46の2連覇を選んだ『レコ大』 審査の裏側に何があった?
    乃木坂46の2連覇を選んだ『レコ大』 審査の裏側に何があった?
    本命と目されていたDA PUMPの「U.S.A.」を差し置いて、乃木坂46「シンクロニシティ」が大賞を獲得した『第60回日本レコード大賞』。

    乃木坂46にとっては、2017年の「インフルエンサー」に引き続き2年連続の大賞受賞となったが、この結果に対しては疑問を呈する声も多い。

    「乃木坂46の人気は確かに絶対的ですが、18年に老若男女に愛された曲といえば間違いなく『U.S.A.』。今回の『レコ大』の結果に、不可解さを感じる業界人も少なくありません」(音楽業界関係者)

    しかしながら、「U.S.A.」については、外国曲のカバーということが理由で大賞を獲れないのではないかとの事前予想が多かったのも事実だ。

    「カバー曲だからNGだというのであれば、ノミネートさせるべきではなかった。盛り上がり的なことを考えてDA PUMPを出したいのはわかりますが、ちょっとフェアではないと思います」(同)

    実際、「U.S.A.」はカバー曲だから大賞を逃したのだろうか? 審査の裏側についてはこんな話が聞こえてきた。

    「そもそも“DA PUMPはノミネートもされないだろう”と、レコ大関係者は話していました。しかし、なぜだかノミネートとなった。まずその時点で、なんだかおかしな動きだったんですよね。そして、ノミネートされたのであれば大賞を獲るだろうと言われていたのに、本番直前になって“やっぱり「U.S.A.」は大賞を獲れない”という話が持ち上がってきたんですよ。審査関係者の間でも相当意見が分かれていたんだと思います」(テレビ局関係者)

    また、別の関係者はこう話す。

    「よくネットなどでは、今回のレコ大について“出来レース”といった言われ方もされていますが、審査の方向性は本当に当日になるまで、近い関係者でもわからなかったようです。ただ、ひとついえそうなのは、『U.S.A.』に大賞を獲らせたくない勢力があったのだろうということ。そして、その勢力の意見が通ったということです」

    今回大賞を取った乃木坂46に対しては、ネットなどで批判的な声も多い。

    「DA PUMPがダメならば乃木坂46が大賞、というのは既定路線だったようです。乃木坂46側からの働きかけということではなく、単純に実績からそうなったという流れだったのでしょう。まあ、乃木坂46としては棚ぼた的なところもありますが、疑惑の目を向けられたという意味では被害者でもあると思います。まっとうな審査ができなかったということが、今回のレコ大の最大の間違いだったということなのでしょう」(同)

    記念すべき60回目だったというのに、妙な形になってしまった日本レコード大賞。

    その権威が復活するときはくるのだろうか。
    【日時】2019年01月05日 08:00
    【提供】日刊サイゾー


    【乃木坂46の2連覇を選んだ『レコ大』 審査の裏側に何があった?】の続きを読む

    このページのトップヘ