話題のブログNews

話題のNewsや芸能ネタをまとめてお届け!

    カテゴリ: 結果



    (出典 1.bp.blogspot.com)


    引きこもりの実態に迫った

    1 樽悶 ★ :2019/05/27(月) 23:41:35.18 ID:b1KKSDay9.net


    (出典 livedoor.blogimg.jp)


     学校にも仕事にもいかず、家にこもって社会的な交流をほとんど絶ってしまう。こうした状態が6か月以上続いた場合、日本の厚生労働省は「引きこもり」と定義としている。

     「引きこもり」という名称は日本の言葉だが、海外でも「Hikikomori」として認知度が高まっており、世界的に注目を集めている。

     だが「引きこもり」に関しての研究はあまり進んでおらず、心理学的にはあまりきちんと理解されていないのが現状だ。

     今回、秋田大学が発表した研究結果は、引きこもりの実態に迫ったものだ。(後略)

    ■引きこもりは都市部だけに限らない

     秋田大学、野村恭子氏率いる研究チームは、日本各地の200の自治体から無作為に抽出された15〜39歳の男女3287名を対象とした。

     子供を持つ親たちに、彼らが外出する頻度(しない場合は引きこもる長さ)を質問。過去6ヶ月の間に家から外出しなかった/ほどんど外出しなかった人たちが引きこもりと判断された(ただし、家事で多忙、専業主婦、統合失調症であるなどきちんとした理由がある人はこの限りではない)。

     また、あわせて人口統計データも収集した。

     これまで引きこもりは主に都市部での現象であると言われてきた。だが、この研究からは違う現実が明らかになった。

     データから浮き彫りになったのは、回答者の1.8%が引きこもりで、田舎にも大都市と同じくらい引きこもりがいるということだ。

    ■女性よりも男性の方が多い

     また男性に多いと言われる症状であるが、今回初めて疫学的証拠によってその正しさが証明された。ただし、それでも引きこもり58人に20人が女性であった。

     引きこもりと地域・家族の人数・社会階級との関係性は発見されなかったが、商業施設や店舗が多い地域で暮らしているという気になる点も見つかった。

    ■引きこもりの人によく見られる特徴

     引きこもりの人によく見られた特徴は、精神病の治療歴、学校の中退歴、自傷癖などがあったが、最も重要かつ強力な要素は、「人付き合いを非常に苦手としている」ことであった。

     このことは「知り合いに会うのが怖い」「他人にどう思われているか気になる」「集団に入っていけない」という質問への回答に現れていた。

     このことについて論文では次のように述べられている。

    こうした不安は羞恥心と関係しているのかもしれない。彼らは自分の今の状況を知られることを恐れていると示唆されているのだ。

    引きこもりと人付き合いの苦手さとの関連性が示すのは、引きこもりの人は面識のある人やコミュニティを恐れているということだ。この点において、対人恐怖症や一般的な社会不安のような症状とは異なる

    ■どうすれば引きこもりを防ぐことができるか?

     こうした発見は、その治療の方向性をも示唆している。

     つまりコミュニケーションスキルを向上させるような訓練を行い、過度に人目を気にしないよう上手くコントロールしてあげることで、徐々に外に興味がいくようになると考えられるのだ。

     これは簡単なことではないが、実際この治療法で一定の成果をあげているケースもあるという。

     だが、そもそも何が彼らをそこまで不安にするのか?最初に家にこもらねばならなかった理由は何だろうか?

     研究で明かされているのは、高校や大学の中退歴である。これをきっかけに知り合いに会うのを恐れるようになり、やがては家に閉じこもるようになるのだ。

     ならば、若い人たちが学校にとどまれるよう支援することができれば、引きこもりになるリスクを下げられるかもしれない。

     また引きこもりの37.9%に精神病の治療歴があることも注目に値する。野村氏らが言うように、医薬に依存する人たちの引きこもり率の高さには警戒を要するだろう。

     こうした要素がどのように関連しあっているのかについては、解明には程遠い。だが、今回の研究は今後の調査の方向性を指し示す、優れた指標となるはずだ。(続きはソース)

    5月27日(月) 9時30分
    https://news.biglobe.ne.jp/trend/0527/kpa_190527_0342465664.html


    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    (出典 newsphere.jp)


    【【Hikikomori】世界的に注目される日本の引きこもり問題の実態探る最新研究結果 引きこもりの37.9%に精神病の治療歴】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    1 僕らなら ★ :2019/03/19(火) 17:19:06.80 ID:SrEm2e7N9.net

    (CNN) 1週間に卵を3~4個食べる人や、食事から1日当たり300ミリグラムのコレステロールを摂取する人は、そうでない人に比べて心疾患や早死にのリスクが高い――。そんな調査結果がこのほど医学誌JAMAに発表された。

    論文を執筆した米ノースウエスタン大学のビクター・ゾン氏によると、卵の黄身は特にコレステロール値が高く、卵1個には大きなもので約186ミリグラムのコレステロールが含まれる。

    研究チームは、2万9000人あまりについて平均で17年半にわたって追跡調査した米国内の6研究グループのデータを詳しく調べた。

    その結果、心血管系の疾患を発症していたのは計5400人で、うち1302人は脳卒中(死者を含む)、1897人は心不全(同)を発症し、113人はそのほかの心疾患のため死亡していた。それ以外の原因で死亡した患者は6132人だった。

    今回の調査では、食事からのコレステロール摂取が1日当たり300ミリグラム増えると、心疾患に関連したリスクは3.2%高まり、早死にする可能性は4.4%増えるという結果が出た。

    卵は1日当たりの消費量が半個増えるごとに、心血管系疾患のリスクは1.1%上昇し、早死にリスクは1.9%上昇するとしている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190318-35134378-cnn-int
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1552929186/


    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    (出典 i.ytimg.com)


    【【医学】1週間に卵を3個以上食べると早死にするとの調査結果★4】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)

    国が変わると体罰の仕方も入学前に事前説明


    分析結果は

    1 スタス ★ :2019/02/16(土) 17:27:52.47 ID:++p7UFwL9.net

    カナダManitoba大学のTracie O. Afifi氏らは、米国の一般人口母集団を代表するようにサンプリングされたNational Survey on Alcohol and Related Conditionsの
    調査データを分析して、小児期の厳しい体罰や虐待の経験が、成人後の反社会的行動に大きな影響を与えていたと報告した。データはJAMA Network Open
    誌電子版に2019年1月25日に掲載された。

     米国の小児の約8割が、幼稚園を卒園するまでに、お仕置きとしてお尻を叩かれていると報告されている。こうした体罰を受けた子どもは、
    攻撃性が高く、道徳が身につきにくく、反社会的行動が多く、外在化型問題(かんしゃくや多動性など)も多く、親との関係が悪い、といった傾向が
    強いことがメタ分析により示されており、さまざまな媒体を通じて、子どもに対する体罰をやめるよう呼びかけられている。一方で、エビデンスがないにもかかわらず、
    反社会行動の原因は、子どもに十分な体罰を与えなかったことにあるという意見がいまだに、メディアによって繰り返し取り上げられている。

     そこで著者らは、小児期に厳しい体罰と虐待の両方を経験すること、厳しい体罰のみを体罰や小児虐待は将来の反社会的行動を招くの画像
    https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/hotnews/jama/201902/559780.html


    参考画像
    日本会議メンバーが多数参加の「体罰の会」

    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)

    参加メンバー
    石原慎太郎
    戸塚宏
    櫻井よしこ
    チャンネル桜 水島聡
    など

    ★2019/02/16(土) 13:53:09.52

    前スレ
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1550292789/


    (出典 tmduglobalhealthpromotion.com)


    【【虐待=体罰をなくそう】体罰は逆効果。体罰や虐待を受けた子は、成人後に道徳が低く攻撃性や反社会性が高くなりやすいと研究結果★2】の続きを読む



    (出典 scdn.line-apps.com)

    同じ症状がある人はADHD病院で診察してもらいましょう


    ADHDの症状による結末は

    【【悲報】ADHD の女の子が働いた結果がヤバイ・・】の続きを読む



    (出典 yomu.tv)

    最近記憶力落ちてきたので飲んでみたい


    1 プティフランスパン ★ :2019/01/21(月) 12:08:07.63 ID:5T8silK99.net

    2019年1月21日 yomiDr.
    https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20190121-OYTET50004/?catname=news-kaisetsu_news

     脳内の神経伝達物質ヒスタミンの放出を促す薬を飲むと、記憶力が向上するとの研究結果を、東京大などのチームがまとめた。記憶の仕組みの解明につながる可能性があるという。米医学誌電子版に掲載された。

     ヒスタミンはアレルギーを引き起こす物質として知られるが、脳内では睡眠や食欲、記憶などを調整する働きをしている。抗ヒスタミン薬を服用すると記憶が低下することから、チームは、ヒスタミンの放出などに関わる脳の神経を刺激し、記憶にどのような影響を及ぼすか検証した。

     研究では、ヒスタミンの分泌を促す薬を使用。20歳代の健康な男女38人に128枚の写真を見せ、1週間後に別の写真も混ぜ、見たことがあるかないか、似たものかどうかを尋ねた。

     事前に薬を飲まず、正答率が最も低い25%だったグループは、薬を飲むと2倍の50%に上がった。一方、薬を飲まず正答率が高かったグループに、薬を飲んでもらったところ、逆に成績は下がった。

     マウス実験では、初めて出会った物に興味を持つ習性を活用。二つのおもちゃを見せた後、片方を別の新しい物に替えると、新しい方に近寄るが、3日たつと区別できなくなった。しかし、薬を投与すると1か月後でも、交換した新しい方に近寄った。

     チームのメンバーで北海道大講師の野村洋さん(薬理学)は「ヒスタミンが神経細胞を刺激し、薄れていた記憶を回復させる一方、鮮明な記憶には、刺激が逆に不鮮明にさせるように働くのではないか」と話している。


    (出典 cdn-ak-scissors.b.st-hatena.com)



    (出典 www.zakzak.co.jp)

    よっしゃ~~~ 思い出した!

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【メリスロンで記憶回復!?】ヒスタミンに記憶回復力…東大チームが研究結果発表】の続きを読む

    このページのトップヘ