話題のブログNews

話題のNewsや芸能ネタをまとめてお届け!

    カテゴリ: 国際ニュース



    (出典 i.ytimg.com)


    1 みなみ ★ :2019/10/19(土) 19:10:47.55

    統一0.00001秒後
    2019年10月19日 17時6分
    https://news.livedoor.com/article/detail/17257245/

     天皇陛下が国内外に即位を正式に宣言される「即位礼正殿の儀」(22日)に参列するため、韓国の李洛淵(イ・ナギョン)首相が来週来日する。安倍晋三首相との個別会談は24日の予定で、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の親書を持参する方針だという。数々の「反日」暴挙を連発してきた文政権が心から反省して、日韓関係を正常化させる具体的行動をとるかが注目される。アジアを含む国際情勢が激変するなか、日本は「厄介な隣国」と、どう向き合うべきなのか。外務官僚出身で、自民党外交部会副部会長である、松川るい参院議員が語った。

     「日韓関係は事実上、破綻しているという認識だ。日本は筋を曲げるべきではないが、これ以上の泥仕合は避けるべきだ」

     松川氏はこう語った。

     「即位礼正殿の儀」には、約200の国・地域や国際機関の要人が参列する。安倍首相は時間の許す限り、約50カ国の要人らと個別に会談する方向で調整に入っている。

     国会議長による「天皇陛下(現上皇さま)への謝罪要求」や、いわゆる「元徴用工」の異常判決、海軍駆逐艦によるレーダー照射事件、軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄決定など、常軌を逸した「反日」を連発している韓国の李氏とも、会談する方向という。

     あくまで、通常の「客人接遇」だが、隣国は過度な期待をしているようだ。

    以下ソースで


    (出典 pbs.twimg.com)


    【【#松川るい氏】韓国、親書持参で日本にすり寄り 「日韓関係は事実上、破綻している」】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)
    1 ニライカナイφ ★ :2019/10/15(火) 17:49:04.53 ID:6tvnsBd69.net

    ☆もうポッポは韓国に帰化するしかない

    ◆ 強制動員の歴史観た鳩山 "日、真実に直面している"

    鳩山由紀夫前首相が12日、釜山南区国立日本強制動員の歴史観で強制徴用被害者の写真を見て手を合わせて哀悼している。
    日本の強制動員実像を知らせ犠牲者を哀悼するために、2015年にオープンしたこの歴史観に鳩山元首相が日本の政治家の中で初めて訪問した。

    鳩山由紀夫前首相が12日、釜山南区国立日本強制動員の歴史観で強制徴用被害者の写真を見て手を合わせて哀悼している。
    日本の強制動員実像を知らせ犠牲者を哀悼するために、2015年にオープンしたこの歴史観に鳩山元首相が日本の政治家の中で初めて訪問した。

    「日本人がここを訪れ、謙虚に歴史的真実を直視したらと思います」

    代表的な進歩政治家である鳩山由紀夫前首相が12日、釜山南区国立日本強制動員の歴史観を訪れ、このように述べた。
    鳩山前首相は、2015年12月に強制徴用の惨状を記録しようと開館したこの歴史観を日本の政治家の中で初めて訪れた。

    彼は「当時、約2000万人だった朝鮮人のうち800万人が軍人と軍属、あるいは労働者として強制動員され、命まで失う作ったという事実について深く謝罪する」とし「日本人はこのように歴史の中で多くのことを学び、戦争加害者としての責任を持って未来を開いていくべきだ」と述べた。
    彼はゲストブックに「植民地時代に多くの苦痛を与えた側の無限責任の下、心からの謝罪します。永遠の平和のために」と書いた後、4、5階展示室を見学した。

    鳩山前首相は歴史観の関係者に強制徴用被害者のうち、現在の生存者数と展示遺物の名前、用途などについての質問など、大きな関心を見せた。
    炭鉱労働者、日本軍慰安所再現モデルの前に立った時に深刻な表情を浮かべて両手を集めたまま頭を下げ哀悼した。

    続いて7階追慕公園追慕塔で献花をした後、観覧を終えた。
    鳩山前首相は、2015年のソウル西大門刑務所歴史館を訪れ、昨年慶南陜川原爆被害者を訪問してひざまずいて謝罪した。

    展示物の前両手集めたまま頭を下げて「800万人韓国人被害者に謝罪 "

    (出典 t1.daumcdn.net)


    https://news.v.daum.net/v/20191014030129403

    ■ 動画

    (出典 Youtube)


    (出典 Youtube)


    【【韓国】鳩山元首相、朝鮮人強制動員被害者800万人にひざまずいて謝罪 各メディアが大きく報道】の続きを読む



    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    1 豆次郎 ★ :2019/10/14(月) 17:20:34.13 ID:CAP_USER.net

    10/14(月) 14:23配信
    韓国のチョ・グク法相が電撃辞任!辞任声明文を全文公開

    本人や家族をめぐる数々の疑惑で韓国の国論を2分していたチョ・グク法相がきょう電撃辞任した。
    辞任の理由としてチョ・グク法相は検察改革の道筋を付けた事と、家族をめぐる疑惑についてこれ以上文在寅大統領や政府に負担をかけられない事を挙げている。
    チョ法相の就任後には賛成・反対双方が数十万人規模の集会を開催するなど韓国の国論を2分する問題になっていた。文大統領の支持率も就任以来最低を記録している。今回の電撃辞任が政権に与えるダメージを減らす事になるのか、逆に求心力の低下をもたらすのかが注目される。



    チョ法相が辞任を表明した声明文は以下の通り

    国民の皆様!

    私は今日法務部長菅職を辞任します。
    検察改革は学者と知識人として私の一生の使命であったし、永らく悩んで追求してきた目標でした。「牽制と均衡の原理に基づいた捜査構造改革」「人権を尊重する節制された検察権行使」等は長い間の所信でした。
    検察改革のために文在寅政権で最初の民情首席補佐官として、また法務部長官として2年半全力疾走してきたし、最善を尽くしました。
    しかし考えることもできないことが広がりました。理由を問わず、国民にあまりにも申し訳ありませんでした。特に傷ついた若者たちに対し、本当にすみません。
    家族の捜査によって国民に真に恐れ入ったが、長官としてただ幾日か仕事をしても、検察改革のために最後私の役目はつくして消えるという覚悟で、一日一日を耐えられました。
    しかしもう自らの役割はここまでだと考えます。
    去る10月8日長官就任1ヶ月をむかえて11種類の迅速推進検察改革課題を発表しました。 行政府次元の法令改定作業も本格化されました。 昨日は検察改革のための会議で文在寅政府検察改革計画を再確認しました。 もう与党や大統領府、政府が力を合わせて検察改革作業を必ず完遂するだろうと信じます。 もう検察改革は後戻りできない滔々たる歴史的課題になりました。どの政権もできないことです。

    国民の皆様!
    これ以上私の家族のことで大統領と政府に負担をかけてはいけないと判断しました。 私が席から降りてこそ、検察改革の成功的な完遂が可能となる時間が来たと考えます。 私は検察改革のための「焚きつけ」に過ぎません。「焚きつけ」の役割はここまでです。
    あらゆる抵抗にもかかわらず、検察改革がここまで来たものは全部国民のおかげです。 国民は私を下ろして、大統領に力を集められることを切実に希望します。
    検察改革制度化が軌道に乗ったことは事実だが、行かなければならない道が遠いです。 もう私よりさらに強力な推進力を発揮する後任者にバトンを渡して仕上げをお願いしようと思います。
    家族皆が満身瘡痍になって個人的に非常に大変で非常に苦痛でした。 ところが検察改革を応援する数多くの市民の意と心のために持ちこたえることができました。
    もう全てのものを下ろして、人生で最も大変で苦痛な時間を過ごしている家族のそばに戻り、慰めようと思います。私よりさらに傷ついた家族に対し、これ以上耐えろと言うことはできない状況になりました。
    特に本来健康がとても悪い妻は一日一日かろうじて身を支えています。人生で最も大変で苦痛な時間を過ごしている家族のそばに今一緒にいることができないならば一生後悔しそうです。家族が自暴自棄にならないように、ただそばで家族の温かさでこの苦痛を共に耐えることが自然人としての道理だと考えます。

    国民の皆様!
    私の役割はここまでです。もう私は一人の市民に戻ります。しかし荒野でも検察改革の目標を忘れないで市民の心と共にします。
    その間不足した長官を補佐して短い時間の間成果を出すために最善を尽くした法務部幹部・職員に深く感謝申し上げます。後任者が来られる前まで揺れることなく業務に充実するように願います。
    最後に、国民の皆様が私を踏んで、検察改革の成功のために知恵と力を集められることを丁寧にお願いします。
    ありがとうございます。

    2019.10.14.
    チョ・グク拝

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191014-00010004-fnnprimev-int

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    ※前スレ
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1571035919/


    【【韓国】チョ・グク法相が電撃辞任! 辞任声明文を全文公開】の続きを読む



    (出典 i.ytimg.com)


    1 ニライカナイφ ★ :2019/10/13(日) 18:52:39.19

    ☆もう日韓断交しかない

    ◆ 文在寅大統領の特別補佐官が大反論! 「日本は韓国に8億ドルを支払い、6800億ドルの利益を得た」

    「慰安婦合意」の破棄、「徴用工判決」と日本企業の資産差し押さえ、自衛隊機へのレーダー照射、GSOMIA(日韓軍事情報保護協定)破棄
    ……2017年の発足以来、日本に敵対的な政策を次々に繰り出してきた韓国・文在寅政権。

    そんな文在寅政権のキーマンとみられるのが、文正仁・統一外交安保特別補佐官(68)である。
    文在寅大統領の外交・安全保障における最大のブレーンとして、同氏は強い影響力を持っているからだ。

    ■ 「太陽政策」の企画・立案に関与し、南北首脳会談にも同席

    文氏は韓国の名門・延世大学政治外交学科教授を長らく務め(現在は名誉特任教授)、金大中、盧武鉉大統領時代に政権中枢で大きな役割を果たした。
    とりわけ北朝鮮に宥和的な「太陽政策」の企画・立案に関与し、南北首脳会談にも同席している。
    そんな文氏は文在寅政権の急進的な「親北朝鮮・反米」路線を主導しているとして、韓国内の保守派から厳しく批判されている。

    ■ 「長期的に韓米同盟は無くすのが最善」

    実際、文氏は「長期的に韓米同盟は無くすのが最善」「韓国大統領が『撤退せよ』と命じたら、在韓米軍は出て行かなければならない」「韓国が核武装すれば韓米同盟は不要」「中国は韓国と日本の間の重要な仲裁者になることができる」「15年で北朝鮮との経済連合を達成できる」などと発言し、物議を醸してきた。
    こうした発言について、韓国野党は「金正恩の首席報道官」などと批判している。

    そんな文氏が「文藝春秋」のインタビューに応じ、現在の日韓関係について語った。

    ■ 「補償」と「賠償」は別モノという論理

    いわゆる徴用工問題について文氏が強調したのは、個人の請求権は日韓請求権協定ではカバーされていないということだ。

    「請求権協定では補償に関する問題だけが出ました。
    『補償』とは合法的なものに対する財政的補填のことを言い、『賠償』とは不法なものに対する財政的補填のことです。
    だから、六五年体制の基本枠組みは維持するが、そこでカバーしていない部分――第一に植民地支配の不法性、第二に強制動員された徴用工、第三に彼らが受けた精神的被害――に対する賠償をしてくれなければならないということです」

    つまり、「補償」と「賠償」は別モノであり、日本は「賠償」をしなければならない、という論理である。

    ■ 「日本がこんな政治的判断をして、韓国は本当に怒っている」

    さらに文氏は、日本は請求権協定によって韓国に支払った8億ドルよりもはるかに多い金額を韓国から稼いできたことを指摘した。

    「率直に言いますと、1965年から2018年まで50年以上もの間、韓国は一度も日本に対して貿易黒字になったことがないのです。
    逆に日本が韓国から稼いだ貿易黒字は6800億ドル。単純計算して、韓国に供与したお金の850倍の利益を日本が得たということです。
    インフレ率を考慮しても、100倍以上にはなります。私たちはずっと日本企業を信頼してきた。
    なのに日本政府がこんな政治的判断をしてしまったので、韓国は本当に怒っているのです」

    外交交渉をするには、まず相手国の内在論理を知らなければならない。
    文在寅政権の内在論理を知るための絶好のテキストである文正仁特別補佐官のインタビューは、 「文藝春秋」11月号 に掲載されている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191013-00014656-bunshun-int


    (出典 portal.st-img.jp)


    【【韓国】特別補佐官「日本は韓国に8億ドルを支払い、6800億ドルの利益を得た」「『補償』はしたが『賠償』はまだだ」】の続きを読む



    (出典 www.nagoyatv.com)


    1 ばーど ★ :2019/10/13(日) 17:50:51.16

    ※統一まで356日

    【ソウル共同】韓国首相室は13日、22日に行われる天皇陛下の「即位礼正殿の儀」に李洛淵首相が出席すると発表した。元徴用工問題や日本政府による輸出規制強化で日韓関係が極度に悪化する中、関係改善につながるかどうかが注目される。訪日は22~24日の予定。

    李氏は有力紙、東亜日報の東京特派員も経験した知日派で知られる。対日関係を重視した故金大中大統領の与党、新千年民主党で報道官を務めた。韓日議員連盟の副会長兼幹事長として議員外交に当たった経験もある。

    2019/10/13 15:32 (JST)
    https://this.kiji.is/555996991520425057

    (出典 nordot-res.cloudinary.com)


    【【日韓】即位の礼に韓国首相出席へ 知日派、関係改善に注目】の続きを読む

    このページのトップヘ