話題のブログNews

話題のニュースや気になる芸スポを中心に毎日お届け!

    カテゴリ: ニュース総合


    (出典 scontent-nrt1-1.cdninstagram.com)

    ここまで進化していた! 保存が効くだけでなく味もおいしい備蓄食品
    …人が21.8%となりました。ネット上でも「そういえば、家具止めてないから地震きたらアウトだわ…」「いつ来るか分からないから“面倒くさい”で先延ばしにす…
    (出典:ライフ総合(レタスクラブニュース)) 

    【ここまで進化していた! 保存が効くだけでなく味もおいしい備蓄食品】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    1 名無しさん必死だな :2018/11/22(木) 18:08:05.28 ID:3SFzz/dI0.net

    元「光GENJI」の大沢樹生(44)はホント気の毒だ。16年間育ててきた長男がDNA鑑定の結果、実子じゃないと判明した。大沢じゃなくても、頭の中が真っ白になるだろう。
    ある鑑定業者が言う。

    「親子鑑定で最近増えているのが、団塊世代からの依頼。<*前に一応確認しておきたい>というのです。<本当に俺の子か?>という疑念は、*まで拭い切れないのでしょう」

    妻のことは信じたいけど……。切なくて悩ましい問題だ。大沢の場合は離婚していたからまだいいが、一緒に暮らしているのに鑑定を切り出すのは、勇気がいる。妻に内緒でこっそり鑑定できないものなのか。

    「DNA鑑定には政府のガイドラインがあって、鑑定を受ける父親と子ども、それぞれの同意が必要ということになっています。でも、それほど厳格ではない。
    親権のある父親から<子どもも同意している>と言われて依頼されたら、鑑定を断る理由はありません」(前出の鑑定業者)

    内緒でやるにしても、問題は、どうやって子どものDNAを採取するかだ。映画「そして父になる」や、ドラマ「リーガルハイ」などにも協力している「法科学鑑定研究所」担当者が言う。

    「汗や涙、唾液、また自然に抜け落ちた髪の毛では、DNAはまず分析できません。あくまで目安ですが、無理やり抜いて毛根鞘が付いている髪の毛が5本あれば可能は可能。
    ですが、それも確実とは言い切れない。歯ブラシから採取することもありますが、20日以上、毎日使って自然乾燥したものといった条件付き。
    切ったツメもそうで、手足で10個前後は必要な上に、それも100%ではありません」

    現実的なのは口腔内細胞を綿棒でこすり取る方法で、「虫歯を調べる」とか子どもにウソをついて、こっそり採取するしかなさそうだ。
    離婚調停などで使う法的鑑定の料金は、法科学鑑定研究所で14万7000円だが、とりあえず親子関係を確かめるだけなら「4万2000円の簡易検査で十分です」(前出の担当者)。

    そもそも妻を疑っているから親子鑑定するわけだが、「父性確率0%という結果が出るのは3割ほど」(事情通)。残念ながら大沢は3割のうちのひとりだった。

    http://gendai.net/articles/view/life/146869


    【父親に衝撃「DNA検査で実の子供でない確率は30%」】の続きを読む


    NO.7086252 2018/11/23 12:13
    秋から冬に山登りには「日の短さ」と「服装」に気をつけて
    秋から冬に山登りには「日の短さ」と「服装」に気をつけて
    ■秋から冬に山登り!
    山登りは、季節ごとに楽しみがあります。

    山登りを趣味にしているオヤジとしては、秋から冬にかけても楽しんでいることでしょう。

    秋の紅葉や雪山の山登りは、登山好きにとっては魅力的です。

    しかし、秋から冬にかけての山登りでは、「日の短さ」と「服装」に気をつけるべきです。

    この2つに気をつけておかないと、せっかくの山登りが危険なものになってしまいます。

    そこで今回は、なぜ秋から冬に山登りする際は、日の短さと服装に気をつけるべきなのかを紹介していきます。

    ■「日の短さ」に気をつけるべき!
    秋から冬に山登りに行くなら、まずは日の短さに気をつけるべきです。

    秋から冬になると、だんだん日照時間が短くなります。

    そのため、夏山のイメージで山登りを楽しんでいると、当たりが暗くなってしまい、遭難するリスクが高まります。

    しかも、山の中では、太陽の光が稜線に隠れてしまいやすく、暗く感じるのが早いです。

    そのため、秋から冬にかけて山登りする際には、日の短さに気をつけるべきです。

    ■「日の短さ」から山登り計画を考えよう
    日の短さの気をつけ方としては、山登りの計画段階で余裕を持つことです。

    日の短さまで計算して、余裕を持った計画を立てることで、遭難のリスクを減らすことができます。

    また、想像以上に早く暗くなってしまったケースを考え、ヘッドランプを用意しておくのがおすすめです。

    ヘッドランプを準備しておけば、仮に辺りが暗くなったとしても、安全に下山することができます。

    ■「服装」に気をつけるべき!
    秋から冬に山登りを楽しむなら、服装にも気をつけるべきです。

    秋だと、まだ暖かいイメージがあるかもしれません。

    しかし、標高の高い山ほど気温が下がるため、想像以上に寒いケースが考えられます。

    そのため、秋・冬の山登りでは、服装に気をつけるべきです。

    また、服装で言えば、レインウェアを用意しておくのもポイントとなります。

    レインウェアは、雨や風から身を守ってくれます。

    低山やハイキング程度の山登りだったとしても、レインウェアを用意しておくことで、天候が悪くなっても対応することが可能です。

    ■服装は「レイヤリング」が基本!
    山登りする際の服装は、「レイヤリング」が基本になります。

    これは、秋から冬に山登りする時だけでなく、春から夏にかけても同じことです。

    レイヤリングとは、重ね着のことです。

    重ね着をするメリットは、体温の調節をしやすい点が挙げられます

    レイヤリングでは、基本的に「ベースレイヤー(肌着)」「ミドルレイヤー(中間着)」「アウターレイヤー」の3種類で重ね着をします。

    ベースレイヤーでは、乾きやすいものを選ぶのがポイントです。

    ミドルレイヤーでは、保湿力がある服を選ぶべきです。

    アウターレイヤーは、雨や風を防げる防寒性や防水性がポイントになります。

    冬に山登りすると、低体温になる可能性があります。

    そうならないためにも、服装には気をつけるべきなのです。

    山登りの服装の基本であるレイヤリングを意識し、身体を冷やさないようにしましょう。

    ■「日の短さ」「服装」に気をつけて楽しもう!
    秋から冬に山登りする際には、日の短さと服装に気をつけるべきです。

    秋から冬にかけては、日照時間が短くなります。

    そのため、想像以上に暗くなるのが早いため、余裕を持った山登り計画をするべきです。

    また、ヘッドランプなど、暗くなった場合の備えをするべきです。

    また、秋から冬にかけての山登りは、とても寒くなります。

    山登りにとって、低体温になるのは危険です。

    そのため、服装には気をつけるべきです。

    山登りの際には、レイヤリングが基本になります。

    ですから、レイヤリングを意識し、保温性や防寒性や重視した服装を心がけましょう。

    いずれにしても、秋から冬の山登りは日の短さと服装に気をつけるべきです。

    遭難したり、低体温症になったりしないように、日の短さと服装に注意しましょう。
    【日時】2018年11月23日
    【提供】YAZIUP
    【関連掲示板】


    【秋から冬に山登りには「日の短さ」と「服装」に気をつけて - ニュース総合】の続きを読む



    (出典 www.mottai-navi.com)



    【【朗報】ついにダイソーでLED電球が100円で販売されるwwwwwwwww】の続きを読む


    日本海の大和堆で韓国警備艦が漁船に操業中止要求 EEZ内 - 政治・経済ニュース


    NO.7083892 2018/11/22 08:54
    日本海の大和堆で韓国警備艦が漁船に操業中止要求 EEZ内
    日本海の大和堆で韓国警備艦が漁船に操業中止要求 EEZ内
    20日夜、日本の排他的経済水域(EEZ)内の日本海「大和堆」周辺で操業中の日本のいか釣り漁船「第八十五若潮丸」に対し、韓国海洋警察庁警備艦から操業中止と海域移動を求める無線交信が行われたことを第9管区海上保安本部(新潟市中央区)が21日、明らかにした。

    同本部によると、海保巡視船が20日午後8時半ごろ、無線を確認。

    このため、韓国警備艦に対し「日韓漁業協定上、要求は受け入れられない」と無線で通知した。

    また、韓国警備艦が漁船に接近していたため、漁船と韓国警備艦の間に海保巡視船が入る形で、日本漁船を保護した。



    【日時】2018年11月21日 22:51
    【ソース】産経新聞


    【日本海の大和堆で韓国警備艦が漁船に操業中止要求 EEZ内 - 政治・経済ニュース】の続きを読む

    このページのトップヘ