話題のブログNews

話題のNewsや芸能ネタをまとめてお届け!

    2019年08月


    和田 アキ子(わだ アキこ、1950年4月10日 - )は、日本の歌手、タレント、司会者、ラジオパーソナリティである。所属芸能事務所は株式会社ホリプロ。テイチクエンタテインメント / ユニオンレコード所属。 在日韓国人として出生し、その後日本へ帰化。血液型O型。
    91キロバイト (10,740 語) - 2019年6月22日 (土) 14:48


    (出典 i.ytimg.com)


    1 ばーど ★ :2019/08/31(土) 07:08:54.99 ID:VAgkaE2b9.net

     歌手の和田アキ子(69)が30日、TBS系「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」に出演。紅白落選時の悔しさを明かした。

     紅白出場39回の和田は、2016年に紅白落選。40回目の出場を果たせなかった。ヒロミ(54)から当時の心境を聞かれた和田は「ショックはショックだった」と返答。続けて「(紅白に)39回出て、マネジャーに紅白は卒業した方がいいかもなと言ってたの。40で区切りつけて、『辞退って言おうか』っていってたの」と卒業プランがあったと明*。「覚悟はちょっとはあったけど、(落選を)聞いた時は『えっ!?』。どうすりゃいいの?受け止められない。何がいけなかったのか教えてくれ」と混乱した。

    「あれは泣いたね。何がいけないのか分からないから」と振り返る和田。「自分ですごいセコいなって思ったのは『じゃあ、あの人は何で出てんのよ』とか、私のほうが知名度あるし、ヒットしてんじゃんと、売上枚数調べたりさ」と本音を告白。中居正広(47)から「その年の紅白は」と聞かれると「観るわけないですよ」と即答。その後も「一度も観ていない」という。

    2019年8月31日 0時52分
    東スポWeb
    https://news.livedoor.com/article/detail/17008686/

    (出典 image.news.livedoor.com)


    【【芸能】和田アキ子さん、紅白落選時の悔しさ語る…「あれは泣いた。何がいけないのか分からない。その後一度も観ていない」】の続きを読む


    氷川 きよし(ひかわ きよし、1977年〈昭和52年〉9月6日 - )は、日本の演歌歌手である。 本名:山田 清志(やまだ きよし)。身長178cm。体重62kg。血液型はA型。レコード会社は日本コロムビア、芸能事務所は長良プロダクションに所属する。現代調ポップス系の楽曲を発表する際はKIYOSHI名義でも活動する。
    41キロバイト (2,544 語) - 2019年8月27日 (火) 10:05


    (出典 giwiz-tpc.c.yimg.jp)

    アニサマ2019

    (出典 Youtube)

    アニサマ2019に氷川きよしさんが登場

    1 鉄チーズ烏 ★ :2019/08/31(土) 05:51:16.08 ID:f5CiP6KQ9.net

     8月30日~9月1日の3日間、さいたまスーパーアリーナ(さいたま市中央区)で開催されるアニメソングの大型ライブイベント「Animelo Summer Live(アニサマ) 2019 -STORY-」が8月30日に開幕し、歌手の氷川きよしさんが登場した。氷川さんは、アニサマ2017のサプライズ登場に続き、2年ぶり2回目の出場となる。

     氷川さんは、ダンサーを引き連れ、黒のシースルーの衣装で登場し、テレビアニメ「ドラゴンボール超」のオープニングテーマ「限界突破×サバイバー」を披露。間奏で氷川さんがシャウトすると、大きな歓声が上がった。さらに、テレビアニメ「北斗の拳2」オープニングテーマ「TOUGH BOY」を披露し、会場から「きよしー!」という歓声も上がっていた。

     氷川さんはMCで「どうもありがとうございました。氷川きよしでございます」とあいさつ。2年前のアニサマ出演を振り返り、「元々演歌を歌っているんですけど、自分が出てきてしーんとしないかなとかすごく不安な気持ちで歌いました。でも、皆さんがすごく熱い拍手をくださって、それが自分の励みになりました」と語ると、会場から拍手が起こり、「優しいね。みんな好き」と笑顔を見せた。

     続けて「こういう歌も歌っていきたいな、年齢とか気にしないで自由にと、2年前に心の扉を開いて、可能性の扉を開いたような思いがあります。ありがとうございます。好青年のイメージでおとなしくしとかなきゃいけないのかなと思っていましたが……好青年なんですけど。そろそろロックとかポップスとか好きな音楽でメッセージを送りたい。『氷川きよしも頑張っているから自分も頑張ろう』と思う人が一人でもいてくれたらいいなと思って歌っています」と思いを語っていた。

     アニサマは、2005年にスタートし、今年で15年目を迎えるアニソンの祭典。昨年は8月24~26日にさいたまスーパーアリーナで開催され、3日間で59組136人のアーティストが登場し、約8万1000人を動員した。


    2019年08月30日 アニメ
    https://mantan-web.jp/article/20190830dog00m200049000c.html

    (出典 storage.mantan-web.jp)


    (出典 storage.mantan-web.jp)


    (出典 storage.mantan-web.jp)


    (出典 storage.mantan-web.jp)


    【【歌手】氷川きよしがシースルー黒衣装でシャウト! 大歓声に「優しいね。みんな好き」 / アニサマ2019】の続きを読む


    山口 達也(やまぐち たつや、1972年1月10日 - )は、日本のジャニーズ事務所に所属していた元歌手、元タレント、元音楽家、元司会者。2018年5月まで同事務所のアイドルバンド・TOKIOのメンバーとして在籍していた。埼玉県草加市出身。身長167cm。血液型O型。 弟はヴォーカリスト(TSP、ex
    17キロバイト (1,965 語) - 2019年8月28日 (水) 08:56


    (出典 news-postseven.kusanagi-cdn.com)


    お寺で勉強をさせてもらっています

    1 ひかり ★ :2019/08/30(金) 07:17:26.00 ID:rYO1KpK/9.net

    「今は週に何日かお寺で勉強をさせてもらっています。読経や写経、境内の掃除などの作務を通じて、自分を見つめ直しています」

     話し始めた時は表情に緊張感が残り、言葉遣いに迷いも感じられた。“自分の言葉”を話し始めている、と感じたのは、彼がしばらくしゃべった後だった。無理もない。あまりに長い“沈黙期間”だったのだから。

     昨年4月、TOKIOの元メンバー・山口達也(47才)は、テレビ番組で知り合った女子高生を自宅に呼び出し、酒に酔った状態で強引にキスを迫るなどして強制わいせつ容疑で書類送検(後に起訴猶予処分)され、
    5月6日にジャニーズ事務所を退所。以後、彼は世間から姿を消した。

    中略

     8月下旬の午前10時半、都内の公園、本誌は山口を直撃した。当初は「一般人なのでお話をすることはありません」と話すに留まっていたが、TOKIOの置かれている状況を説明するうち、心境に変化が訪れた。
    公園の階段に腰を下ろし、ゆっくりと話し始めた。

    「TOKIOの寂しいニュースが増えていることはショックです。私はもうTOKIOの人間ではないんですけど、自分の現状をお話しすることで彼らのためになることがあるのなら…もう話さないと決めていたんですが、
    これを最後の告白とさせてもらいます」

     以下、その一問一答である。

    ──ファンが最も気になっているのはTOKIOのメンバーとの関係だと思います。今もメンバーと会ったりと親交はありますか?

    「事務所を辞めてから会ってはいません。私はメンバーに大きな迷惑をかけた人間。彼らを頼ることは立場上できない…メンバーって特殊な関係なんです。友達とも同僚とも家族とも違う。共に戦い続ける戦友みたいなもの。
    彼らが私のことを常に心配してくれているのは事実だし、会って話をしたい思いはありますが…」

     山口の不祥事後、TOKIOは城島茂(48才)、国分太一(44才)、松岡昌宏(42才)、長瀬智也(40才)の4人で会見を開いた。その数日前に山口が謝罪会見で「もし待っていてくれる私の席がそこにあるなら、
    またTOKIOとしてやっていけたら」と発言したことに対し、松岡が涙ながらにこう非難した。

    「その甘えの根源がぼくらTOKIOだとしたら、そんなTOKIOなら一日も早くなくした方がいいと思います」

     ほかのメンバーも、被害者への謝罪と山口に対する厳しい思いを吐露。目は真っ赤に腫れ上がっていた。

    ──メンバーのあの会見についてはどう思いましたか?

    「実はあの会見の時はもう入院していて、すべてを把握しているわけじゃないんです。後でインターネットで会見の動画が見られることを知りましたが、メンバーに謝罪をさせてしまったという負い目もあって、
    動画は見ていません…。

     メンバーと会っていないと聞いて“30年近い友情はそんなものか”“薄情だな”と思う人もいるかもしれない。でも、メンバーと距離を置くという決断をするまで相当悩みました。私がやったことはそれほどのことなんです」

    ──被害者とは連絡を取っているのですか?

    「今、必要なのは自分の気持ちを入れ替えること。身を清めること。しっかり更生して変わった姿を見せることが第一だと思っています。だから連絡は取っていません。

     この5月から病状も落ち着いてきたので、お寺に通っています。私は大工仕事が得意なものですから、お寺が持つ山に入って、木の伐採なんかもやっています。そうやって自分と向き合っています。
    私はどういう人間なのか、それを見つめ直していました。

     自分は天真爛漫っていうのかな。子供を体現する大人代表、そんなキャラだと思っていて、テレビの前で楽しく振る舞ってきました。それが自分の役割だと思っていたんです。でも、あまりに幼稚で、
    大きな過ちを*てしまいました」

    ──許される日は来るのでしょうか?

    「わかりません。まだ先ですが、自分が社会復帰を果たせた時に、恥ずかしくない姿を相手に見せられればいいのではないかと思っています。相手のかたに対して謝罪の気持ちをいまだに持っている、と
    伝え続けることです。謝罪をする立場になってわかったことがあります。私がやったことの謝罪は、一生し続けるものなんです」

    ※女性セブン2019年9月12日号

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190830-00000004-pseven-ent
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190830-00000004-pseven-ent&p=2

    (出典 news-postseven.kusanagi-cdn.com)


    (出典 www.news-postseven.com)


    【【芸能】山口達也の告白「私がやったことの謝罪は一生し続けるもの」】の続きを読む



    (出典 businessman.ru)

    お母さんの店でお手伝い

    1 猪木いっぱい ★ :2019/08/30(金) 23:23:14.16 ID:cvG0RSFB9.net

    若い男は、郡内の魚市場を歩いていましたが、鮮魚店の列の1つで、彼はモデルのような外観の非常に美しい店員を見ました。

    彼は彼女の写真を撮り、Facebookに「ママ、私は毎日魚を買うことにした」と署名して写真を投稿しました。

    この美少女は台湾のモデル、26歳のペンペンちゃんであることが後に確立されました。

    その日、ペンペンちゃんはお母さんの店で魚を売るのを手伝いました。

    これは彼らの小さな在宅ビジネスです。若い女の子は、彼女の写真がインターネットに登場した後に人気を博しました。ユーザーは画像の下に親切なコメントを残しました。

    献身的で親思いの優しい娘は、ある意味、異常なセールスウーマンの陰謀なのかもしれません。
    彼女が店先に立てば、一瞬で魚が売り切れてしまいます。

    google翻訳一部割愛 カザフスタン発 ウェブインフォ
    https://webinfo.kz/2019/08/30/krasivaya-devushka-prodayushhaya-na-rynke-rybu-privlekla-vnimanie-svoej-vneshnostyu/

    (出典 webinfo.kz)


    (出典 webinfo.kz)


    (出典 webinfo.kz)


    (出典 webinfo.kz)


    【【台湾】とんでもない美少女が魚売ってるとカザフスタンでバズる】の続きを読む



    (出典 tk.ismcdn.jp)


    1 ひぃぃ ★ :2019/08/30(金) 10:10:09.95 ID:9i+oYCob9.net

    言葉遣いにはその人の人間性が出るといわれる。そのためか、大人が若者言葉を使っていると奇異に思う人もいるようだ。

    ガールズちゃんねるに8月22日、「いい大人の若者言葉」というトピックが立った。現在トピ主の41歳の夫は、会社の後輩と通話しながらオンライゲームをやるのが日課のようだが、その発言を聞いてみると

    「『ワンチャン』とか『鬼のように○○~』などとても40過ぎの大人とは思えぬ言葉遣いで会話をしています」

    という様子だったという。その上、夫のそうした発言を小さい娘が真似するようになってしまった。夫にそのことを指摘してもブチ切れられてしまい辟易していると綴った。(文:石川祐介)

    ■「同僚のアラフォー女性が、『ちょ、おま』みたいなネット用語をよく使う」

    トピック内にはトピ主に共感する声が多く寄せられた。

     「職場で、『~じゃね?』『秒で~』『ガチで~』とか言ってる人がいます。『大人としても社会人としてもないわ』と思ってしまいます」
     「ツイッターで40超えた男が『今日は』を『今日ゎ』って呟いてるのがキモイ」

    大人の若者言葉に違和感が持つ理由については、「若ぶってる感じがするのは嫌。若いつもりで言ってるのも嫌。無意識で使っているのは一番嫌」「自分もまだまだ若いぜ」という声が寄せられた。自分の年齢を受け入れられてない感じがするのだろう。

    また、「同僚のアラフォーの女の人が、『ちょ、おま』みたいなネット用語をよく使うけど、聞いてて恥ずかしくなる」とネット用語を平気で使う人が気になるという人も。インターネットが身近になったことで、「オワコン」「マジレス」などのネットスラングを日常的に使う人が増えたが、現実社会では控えたほうがよさそうだ。

     「若者言葉ではないけど『食べれる』とか『来れる』とかのら抜き言葉を使ってるいい大人見ると『なんかなぁ』ってなる」

    他にも、"ら抜き言葉"を使う人を見ると、残念な気持ちになってしまうという声も見られた。「無意識に自分も乱れた言葉を使っている」というコメントは多く寄せられている。

    ■子どもの影響で若者言葉が伝染ってしまうケースも

     「子どもが大きくなると、どうしても喋り方の癖が家庭内でうつることもあります。恥ずかしい話ですが『マジか』とか『ウザっ』とか使ってしまう40代です」

    ただ、いい大人が若者言葉を使ってしまうのは、子どもの影響があるのかもしれない。「方言は伝染する」と聞くように、言葉は環境による影響を受けやすい。ら抜き言葉やネット用語に不快感を示す人も、若者言葉に関してはその人の家庭環境を考慮してほしい。

    とは言え、言葉遣い一つで、印象は大きく左右させてしまう。公私を混同せずに言葉遣いのオンオフを意識して生活することを心がける必要がありそうだ。

    2019年8月29日 16時4分 キャリコネニュース
    https://news.livedoor.com/article/detail/17000787/

    画像

    (出典 image.news.livedoor.com)


    【【言葉】“ワンチャン”“鬼のように” 「41歳の夫が大人とは思えぬ言葉遣いをします」という投稿に反響】の続きを読む

    このページのトップヘ