話題のブログNews

話題のニュースや気になる芸スポを中心に毎日お届け!

    2019年01月



    (出典 image.news.livedoor.com)

    被害者の無念を思うと最高刑懲役20年にすべし


    1 猪木いっぱい ★ :2019/01/29(火) 18:15:24.55 ID:/7mTG84n9.net

    スマートフォンで漫画を読みながらの運転が原因で起きた、死亡事故での初公判。

    適用された罪とは。

    妻を亡くした井口貴之さん「きょう初公判だったんですが。あらためて悲しい、つらい気持ちがよみがえる」

    29日の初公判を受け、悲痛な心境を語ったのは、スマートフォン使用中の、いわゆる「ながら運転」の車にひかれ、妻を亡くした井口貴之さん。

    事故が起きたのは、2018年9月。

    夫婦で関越自動車道をバイクで走っている途中、地元FM局のパーソナリティーだった妻の百合子さんが、ワゴン車に激突され、死亡した。

    ワゴン車を運転していた下山公堂被告は、事故当時...。

    井口さん「スピード違反をずっとしながら、スマートフォンで漫画を読みながら、前を見ずに運転していた」

    ツーリング先の群馬県から、新潟県の自宅に向かっていた2人。

    おりる予定だったインターチェンジまで残り5kmとなった、その時だった。

    井口さん「わたしが前を走っていて、妻は50~100メートルくらい後方を、追いかけるような形で走っていた。突然、妻の悲鳴がインカム越しにスピーカーから、ぎゃーという悲鳴が聞こえてきたので」

    倒れたバイクに駆け寄ると、そこには、ワゴン車に追突され、横たわる百合子さんの姿が。

    呼びかけても返事はなく、病院で死亡が確認された。

    スマートフォンで漫画を読みながら運転していたという下山被告。

    井口さんは、適用された罪の軽さに憤りを感じている。

    井口さん「刑事罰としては、ほんのわき見運転にしかならないと。被害者としては納得がいかない」

    今回適用されたのは、最高刑が懲役20年の危険運転致死傷罪ではなく、最高刑が懲役7年の、過失運転致死罪だった。

    スマホの普及にともない、ここ3年間は毎年2,000件近く発生している「ながら運転」による交通事故。

    29日の初公判で、下山被告は「間違いありません」と、起訴内容を認めた。

    https://sp.fnn.jp/posts/00410835CX


    (出典 www.pref.nagano.lg.jp)



    (出典 sayuflatmound.com)



    (出典 sayuflatmound.com)



    (出典 www.pakutaso.com)



    (出典 image.news.livedoor.com)


    【【妻の断末魔聞かされた夫】「ながら運転」死亡事故 初公判 マンガ読みながら...】の続きを読む



    (出典 assets.media-platform.com)

    しつけ虐待違いも分からんのか!


    1 名無しさん@涙目です。 :2019/01/29(火) 17:23:40.41 ID:FZssjhTk0●.net BE:842343564-2BP(2000)


    (出典 img.5ch.net)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    10歳女児が死亡した事件 逮捕の父親が「スクワットさせた」と供述

    千葉県野田市で10歳の女の子が死亡しているのが見つかった事件で、傷害の疑いで逮捕された父親が、
    「事件当日、娘にスクワットをさせた」という趣旨の供述していることがわかった。

    今月24日、野田市の自宅の浴室で栗原心愛さんが死亡しているのが見つかった事件では、
    父親の栗原勇一郎容疑者が心愛さんに冷たいシャワーをかけ、首をわしづかみにするなどし、ケガをさせたとして逮捕されている。

    その後の捜査関係者への取材で、栗原容疑者が事件当日、心愛さんに対し、
    「スクワットをさせた」「廊下に立たせていた」という趣旨の供述をしていることが新たにわかった。

    心愛さんの体には複数のアザがあったことがわかっているが、警察は、事件前から栗原容疑者がたびたび心愛さんを
    廊下に立たせるなどして日常的に虐待をしていた可能性もあるとみて、詳しく調べている。
    http://news.livedoor.com/article/detail/15943049/


    (出典 bungu-uranai.com)



    (出典 minnakenko.jp)



    (出典 cdn.wanchan.jp)


    【【親は心から子供を愛しなさい】風呂場で冷水シャワーを浴びせスクワット 10歳女児死亡事件】の続きを読む



    (出典 cityhunter-movie.com)

    シティーハンター復活!キャッツ・アイも登場


    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/01/29(火) 18:04:58.84 ID:CgGvpy5S9.net

    人気漫画『シティーハンター』の映画公開日が迫るなか、原作者の北条司さんがファンからの質問に答えた「#シティーハンター30年目の真実」が話題を呼んでいる。

    ファンから寄せられた質問は、個性豊かなキャラクターにまつわることだけでなく、作品づくりや物語に関わることまで全30問。

    気になる北条さんからの回答は、1月25日に発売された『月刊コミックゼノン』に掲載されている。

    『シティーハンター』のファンも作者も、愛が止まらない

    北条司さんの公式Twitterでは、寄せられた質問を一挙公開。主人公・冴羽リョウの名前の由来や北条さんの好みの女性キャラクターなど、ファンならぜひ知っておきたい質問ばかり。

    なかには「新宿のゲイバーやキャバクラに取材に行ったことがあるか?」といった突っ込んだ内容も。

    それらの質問に対して、いくつか北条さんからの回答がTwitterで公開されている。たとえば、『シティーハンター』の代名詞のひとつである槇村香のハンマーについて、「なぜリョウは避けられないのか?」といった質問。

    北条さんは、「『避けられない』のではなく『避けない』のだと思います」と回答。「心のどこかで香に止めてほしいと思っているのかもしれませんね」と説明し、リプライには悶絶するファンからのコメントが寄せられている。

    こんな回答を目にしてしまったら、リョウが香に殴られているシーンをひとつひとつ読み返したくなってしまいそうだ。

    『シティーハンター』29年ぶりの映画の舞台はやっぱり新宿
    『シティーハンター』は、『キャッツ・アイ』の作者・北条司さんの新作として、1985年から6年間『週刊少年ジャンプ』に連載されたハードボイルドコメディ漫画。

    コミックスの累計発行部数は5000万部を超える人気作は、2月8日(金)から29年ぶりに映画『劇場版シティーハンター<新宿プライベート・アイズ>』が公開される。

    舞台となるのは、リョウたちの活動本拠地である新宿。より色鮮やかになった街に彼らが帰ってくる予告を観るだけで、ワクワクが抑えられなくなる。

    そして同作には、『キャッツ・アイ』の3人も登場。彼女たちがスクリーンに登場するのは初めてだ。

    『コミックゼノン』を熟読して、来たる劇場版公開日に備えよう。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190129-00010005-kaiyou-ent
    1/29(火) 17:48配信


    (出典 s.mxtv.jp)



    (出典 Youtube)

    Get Wild - TM NETWORK(


    (出典 smoo.jp)



    (出典 www.cinra.net)



    (出典 i.ytimg.com)



    (出典 i.imgur.com)


    【【映画公開迫る】『シティーハンター』作者が明かす30年目の真実 キャラクターたちの関係にファン悶絶】の続きを読む



    (出典 media.image.infoseek.co.jp)

    痛々しさの垂れ流しを続けていくのか


    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/01/26(土) 22:53:59.32 ID:p6oNppC89.net

    お笑い芸人は体が資本。毎日のジム通いを武器に『アメトーーク!』(テレビ朝日系)の「ゴールドジム芸人」といった企画に出演を果たした者もいれば、
    『炎の体育会TV』(TBS系)でボディビルダーとして開眼したオードリー春日や、同番組の企画でレスリング全日本マスターズ選手権に出場し優勝まで成し遂げた
    ジャングルポケット太田まで、体を武器に芸人としてのステージを上げることに成功した者もいる。

    「石を投げれば芸人に当たる」といわれるほど飽和状態にあるお笑い界の中で、筋肉や身体能力を芸にまで昇華し番組出演を勝ち取るというのは、ある意味で芸人らしいスタンスともいえよう。
    実際、無名の若手芸人たちでも、バイトをして貯めたお金でジム通いをし、ボディに磨きをかけているという者もいるというから、芸人のジム通いはいまやスタンダードになりつつあるのかもしれない。
    芸人事情に詳しい某放送作家は次のように語る。

    「やはり芸人、誰しもが松本人志さんに憧れるなどしてこの世界に入ってきているので、いまだに『マッチョになれば松本さんのように面白くなれる』と真剣に信じている若手芸人がいてもおかしくはありません。
    ただ、松本さんは50歳を過ぎて135kgのベンチプレスを持ち上げられたり、胸筋を鍛えすぎて*が年々下がってるなど、ちょっとマッチョが過ぎるというか……最近ではむしろいじられてますけどね(笑)。
    そもそも芸人なんて、人よりもモテたくてこの世界に入ってきた人間が大半なので、体を絞ったり筋肉をつけて芸よりも先にボディに磨きをかけたがるような人種であることは間違いない。
    まあでも、筋肉芸人もすでに飽和状態ですし、何かの大会で優勝するなどして相当頑張らないと、仕事につながる可能性は低いと思います」

    ●暇を持てあまして筋トレアピール

    一方で、暇を持てあました中堅芸人がジム通いに目覚め、筋トレに励んでいる姿もよく話題になる昨今。インスタなどでその自慢のボディをアピールする光景ももはやお馴染みとなっているが、
    「それが業界内で『痛々しい』と鼻で笑われてるんです」と語るのは、前出の某放送作家だ。

    「一時は売れたけど今は仕事が減ってパッとしない芸人に多いのですが、インスタなどで筋トレ風景をアピールするのがはやってるようです。

    いわずもがなですが、単に仕事が激減して時間を持てあましているだけなので、相当痛々しいんですよね。まあ、それが『アメトーーク!』などでイジられて笑いになれば、まだ仕事にもつながるんでしょうが、
    それよりも『芸人としても株を下げてる』といわれるほうが多いように思います。インスタなんかでアピールしなければまた別なんでしょうが、仕事激減芸人にとって、インスタで情報を発信することはもはや仕事みたいなもんですからね。
    負のスパイラルというか、今後も痛々しさの垂れ流しを続けていくのではないでしょうか」

    そんな“痛々しい中堅筋肉芸人”をピックアップし、業界人の声をもとにランキング化。その結果が以下の通りである。

    【痛々しい中堅筋肉芸人 第3位】

    品川祐(品川庄司) 

    ゴールドジムに通うだけでは飽き足らず、ブラジリアン柔術も始め、昨年6月には公式戦に出場して46歳で格闘家デビュー。
    しかし、トレーニング中に右手の甲を骨折。本人曰く「休養中のようなスケジュールだったため仕事には支障がなかった」とか。
    そもそも相方の庄司がマッチョ芸人として名を馳せているにもかかわらず、そんなのお構いなしにマッチョかぶせを強行。
    パンプアップするほどに嫌われ度が上昇するため、堂々の第3位にランクイン。

    【痛々しい中堅筋肉芸人 第2位】 
     

    河本準一(次長課長) 

    一時は売れっ子芸人として活躍していたが、2012年に報じられた「母親の生活保護不正受給問題」で失速。2015年には急性膵炎で倒れ、断酒を決意。
    それを機に肉体改造を始めたようだが、インスタを見る限りではやや中途半端な仕上がり。
    しかし、昨年は「吉本坂46」のメンバーにも選ばれ、復活の狼煙を上げたばかり。人知れず肉体改造に励むも現段階ではさして話題になっておらず、
    鼻で笑われるのもいたしかたないが、今後のさらなる肉体改造と第一線復帰を期待して、第2位にランクイン。 
     

    【痛々しい中堅筋肉芸人 第1位】

    木下隆行(TKO) 

    誰もが認める巨漢デブの彼だが、インスタによると2016年ごろから肉体改造を始め、トータル・ワークアウトで筋トレに励んでいた模様。
    今年1月、バカンス中の半裸写真をアップし、意外にもパンプアップされた肉体美を披露。 
     

    http://dailynewsonline.jp/article/1667825/?page=2
    2019.01.26 19:00 ビジネスジャーナル


    【【負のスパイラル】品川祐、河本準一、そして1位は?目指せ松本人志!痛々しい“中堅筋肉芸人”ランキング】の続きを読む



    (出典 bltweb.jp)

    ブレーク間違いなしの注目株!


    1 れいおφ ★ :2019/01/28(月) 19:21:34.89 ID:kNJiH+1F9.net

    2019.01.26
    ブレーク間違いなしの注目株!2019年に光り輝く美女図鑑

    (一部抜粋)

    天然キャラから一変、ステージでの表現力は圧巻

    佐藤優樹(モーニング娘。’19)
    1999年5月7日生まれ。
    普段の言動は天然ながら、その圧倒的パフォーマンスはSNSでバズることもしばしば。
    指原莉乃、柳原可奈子といった、芸能界にも彼女推しは多い。

    [注目Point]思わず目で追ってしまう、圧倒的な表現力

    https://dime.jp/genre/649922/2/

    佐藤優樹

    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    関連スレ
    【ハロプロ楽曲大賞】アンジュルムの「46億年LOVE」が1位! 推しメン部門はモー娘。佐藤優樹がぶっちぎりで4連覇達成
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1546283596/


    【【圧倒的な表現力】モー娘。佐藤優樹、ブレーク間違いなし!天然キャラ&圧倒的パフォーマンス…芸能界にもファン多数、ハロプロ内ではダントツ人気】の続きを読む

    このページのトップヘ